イトセンのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!

【映画】劇場版 咲-saki- ~麻雀版「テニスの王子様」いや「黒子のバスケ」?~




f:id:sen0622:20191031015019j:image

 

公開2017年2月3日 

出演  浜辺美波・浅川梨奈・古畑星夏・山田杏奈・廣田あいか

あらすじ

麻雀人口が増えた社会、日本でも大規模な大会が開かれるようになり、その中、女子高生の大会にスポットが当たる作品。

主人公の宮永咲(浜辺美波)と仲間達「清澄高校」が全国大会へ出場するため、長野県予選に参加することになる。県予選決勝は一筋縄ではいかずクセ者ばかりが出揃うなか無事に決勝を勝ち進む事が出来るのか?

 

感想

 

背景を知るには、まずドラマ編を見てください。すると主人公が部活を始めるいきさつが描かれていますのでこの物語の始まりからチェックする事ができます。始まりを知ることが楽しむための第一歩としてもいいと思います。

そして、この映画コスプレ祭りです。原作に登場人物を似せるためには仕方ないかもしれませんが、容姿が痛い人、口調が痛い人もいますが、きっとそれがこの原作の個性の一つなので一人の個性としてみれば見れます。

 

次々と麻雀を逸脱した、能力の使い手も次々と現れるので本格的な麻雀ドラマとして見るなら、批判してしまうでしょう。だからこそ麻雀のルールや基本を知らなくても逆に楽しめてしまう麻雀映画です。(ルールがわかってると更に楽しみが増えるかもしれませんが・・・自分は全くの素人です)

黒子のバスケみたいなゾーンなどの能力好きには、合うかもしれません。各学校5名ずつ先鋒~大将までの戦いが描かれていますが、次から次とワクワクしながら個性的な4人の麻雀が5回戦見れます。

 

自分のイチオシのキャラを見つける、まさに登場人物への感情輸入は、「テニスの王子様レベルではないでしょうか!

主に男性向けかもしれませんが女性も十分楽しむ事が出来ます。主人公の宮永咲は主人公ですがだいぶまともに見え普通に見えます。そんな主人公が霞んで見えるくらいのキャラクターの濃さがこの「咲-saki-」という映画にはあります。

まさにテニスの王子様です!自分の押しキャラを見つけて応援したいところです。

 

 

因みに自分は、この実写映画を見る限りでは、

「鶴賀学園」

が一番の押しですね!

一番普通っぽい戦い方が非常に自分にマッチしました。ステルス能力の持ち主もいますが、相手の感情を揺さぶるのが上手い部長やビギナーズラックの女の子など、個性的ではありますけどね。

 

くだらないと思ってましたがすっかり虜に!あっという間に1時間40分たってしまいました。物語を最後まで描いてくれるなら終わりまで付き合いたいと思う不思議な魅力のある作品でした!