イトセンのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!

ミス・ジコチョー5話(ネタバレあり) 初見ですが勉強になりました。


f:id:sen0622:20191119221950j:image

ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~

NHKで金曜日22:00~放送されているドラマです。

色んな人のブログで見て気になり見ることにしました。

出演・松雪泰子堀井新太須藤理彩高橋メアリージュン

 

 

 

 

 

 

 ジコチョーの流れとは

 

 

失敗学を専攻している天ノ真奈子(松雪泰子)と助手の野津田(堀井新太)が様々な事故から設置された事故調査委員会を通じて原因を突き止めるといったドラマです。

4話・5話と続いた話のようですが手術中に電気メスをあてると胸から発火心臓が焼けてしまった件で、事故調査委員会が設置された話のようでした。

5話から見始めたので・・・

 

 

 

 

 

初見の感想(ネタバレ含む)

 

5話から見ましたが、すごく勉強になるドラマだと思います。失敗から物事を学ぶと言う出来そうで出来ない事をドラマにして伝える。今回の事件に至っては、他にもありそうなヒューマンエラーでした。

失敗について述べると早速ネタバレになってしまいますが、生理食塩水とアルコールの取り間違えです。同じボトルに入っていたので看護師が間違ってしまうと言うものでした。以前から指摘はしてたが、変えなかった結果このような事件が起こってしまった。

そして確かにヒューマンエラーですが、看護師だけを責める事はせず、その病院のおかれている状況から掘り下げてしっかりと説明しています。今回は、何回も手術が入っていて厳しいシフト上で過密スケジュールだったとも明かされます。疲れから来る判断ミスもあり得ますよね。

このような事が積み重なりとんでもない医療ミスが行われます。

 

人の振り見て我が振り直せ

 

すごく勉強になりませんか?身近でもありそうなエラーですよね。今回違うドラマですが「グランメゾン東京」で今の所ナッツ混入の元は、ヒューマンエラーという事になっているので、誰にでも起こり得る事なのです。

こういう可能性がある職場では、このテレビを見たあと直ぐに訂正する事が出来るのです。失敗しているところを反面教師でリスクも無くテレビを見ているだけで改善できる。吸収できるところは吸収してしまいましょう!

 

 

 素敵な名言

 

「0.001%でも可能性が有ると言う事はいつか必ず起きる」

これは、名言ですね。

だから起こさない為には、人だから必ずミスは起こすので2重・3重もチェックする事は必須です。

それでもミスは起こる。どうやって解決するのか話し合う必要がある。それをめんどくさいと思う人が多数派だと思いますが、怠るといつかとんでもない目に合う。反省する事もとても大切なのです。あの時やっておけば良かった…と後で言わないように…

そういう事も教えてくれるドラマでした。 

 

 ドラマの中の人間関係等は、初めて見たので入りきれて無いですが、十分勉強になる社会派ドラマだと思いました。1話から見たかった~と心から思えるドラマだと思いました。

次回は、工事中のリフト事故の話なので、このような職種の方は是非見るべきです!きっと勉強になりますよ!

みんなで一緒に勉強しましょう!