イトセンのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!

シャーロック 今回批判ばかりしてます。8話で見るの止めました…

 


f:id:sen0622:20191127212555j:image
シャーロック8話の視聴率は、8.9%でした。

 

 

正直言います!

シャーロックを観賞することはここで脱落します。

 

 

和製ホームズこと、獅子雄(ディーン・フジオカ)がだんだん一人歩きしているような気がしてなりません。ホームズとワトソンで一つの物語だと思いますが、全く若宮(岩田剛典)がいる意味があまり感じられないです。

守谷と言う名前が出たり出なかったりとちょっとシャーロックに対する熱が冷めてしまいました。

守谷のキャラクターを想像する楽しみはあるもののあまりにも情報が少なすぎてちょっと守谷を演じるキャストもそんなに予想するほどでもないのではないかと最近思い始めました。

後のストーリーに繋げ方が下手な感じがして、ワクワク感があまり感じられないと言うのが一番の原因です。

面白かった、次もワクワクすると思ったらこの記事も書くことがスラスラ出てくるのですがシャーロックに関しては、なかなか書くのが辛くなってしまいます…

なので、今回限りでシャーロックのドラマは脱落しようと思います…

もう少し次が楽しく見たくなるような、月曜日が楽しみになるようなドラマだったら良かったのですが。

 

 

8話では、6話に出てきたビデオの中の女性が安蘭世津子(長谷川京子)だったのは、ビックリしましたがただそれだけでした。誉の異母兄弟、万亀夫まきお(高橋克典)も出てきました。彼もこれだけでの出演ではないと思いますが、ちょっと衝撃度も少なかったです。

結局守谷が出てきたところでこんな気持ちになってしまうのではないかと思います。

 

もう少しレオ(ゆうたろう)がなぜ獅子雄と一緒にいるのかが知りたいですし、もう少し活躍させても良かったのではないかな?と感じてしまいます。あな番で一世を風靡した木暮役の山田真歩にもあまりスポットが当たらないのが残念です。濃い回りのキャラクターを上手く使いきれてないのは惜しいと思います。

簡単に言うとディーン・フジオカの為のドラマですね。

グランメゾン東京と比べるとだいぶ回りを使いきれて無いと感じてしまいます。

 

個人的に楽しかったのは、2話、3話、5話でしたね。

2話は、菅野美穂がゲストだけでワクワクする。彼女の存在感と悪女ぷりが良くゲストをしっかりと活かしていた

 

3話は、守谷という存在ご出たときすごいワクワクしました。誰だろうと予想もしましたので。

 

www.itosen06.com

 

5話は、パワハラの話ですが自分が一番好きなストーリーでした。

 

 

www.itosen06.com

 

 

批判ばかり書いてすみません…

これが自分の思った事ですので。

 

守谷については誰かというのは見守ろうと思います。

他の方のレビューをみて面白そうだったら録画はするので見ようと思います。