イトセンのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!

トップナイフ~天才脳外科医の条件~ 1話・2話 全てがブレブレで核心が掴めない


f:id:sen0622:20200119214458j:image

22:00~毎週土曜日、日本テレビ系列で1月11日からスタート、

トップナイフ~天才脳外科医の条件

がスタートしました。

 

出演、天海祐希広瀬アリス永山絢斗椎名桔平三浦友和

 

1話の視聴率は13%でした。

 

登場人物達の人物像がとても掴みにくい印象です…

主演の深山(天海祐希)からしてどんな人間か全く確立されていない様な状態だと感じます。

新人の研修医の小机(広瀬アリス)失敗してもすぐヘラヘラしていて、あまり共感が持てなく医療ドラマとしての緊張感を皆無なものにさせてくれてます。彼女のせいでシリアス路線かコメディ路線かわからなくなってるのもあります。

続いて自称天才の西郡(永山絢斗)は最初からタメ口がなぜかすごい嫌悪感あります…そして違和感ありありです。こんな感じのキャラクターは一目置きたくなる存在なのですが、あんまり感じませんね。

黒岩(椎名桔平)は、世界の黒岩と呼ばれるほどの実力者ですが、女が大好き。でも、しっかりと脳の事は理解しているようですが掴み所のないキャラクターでスイッチのメリハリが無さすぎる気がしました。

 

自分から言わせると全く共感の持てない登場人物達でリアルとはほど遠い世界だと感じます。脚本がコードブルーの脚本家、演出が女王の教室の演出家と最強の布陣のはずなのにブレブレに感じるのは何ででしょう?

 

脳は医学的にも解明されていない部分という事でもう少しシリアスな展開を期待していたのですが、シリアスとコメディのどっちつかずにしか見えません。続きを早く見たい!という感じには正直なりませんが、一旦見るとなぜか最後まで引き込まれて見てしまう不思議な魅力もあるドラマであることも言えます。

 

メンバー誰かがピックアップされて主役級のストーリーが用意されていると思いますが今のところは、別にワクワクすると言うような事は特に感じません。今のところは、義務で見てるにしか過ぎませんので4話位までで見るのやめてしまう候補になってしまいました

続きが見たいと感じるワクワク感を感じたいです!

 最後に

2話は、とてもいいお話で自然に涙がでてしまった事実もここにあります。