イトセンのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!

【ドラマ】悪魔の弁護人・御子柴礼二① ~いきなり5話から~

かなりドラマなど撮り溜めています。自分の録画しているのは、DVDレコーダーで古すぎです。ビデオと一体型なのでまだビデオも見れてダビング出来ます!DVD録画もバラバラに入っているので探すのも一苦労です・・・ちょこちょこっと見るたび順不同で上げていくので見ずらいかもです・・・

今回のドラマは

 

 

悪魔の弁護人・御子柴礼司

2019年12月7日~2020年1月25日放送

フジテレビ系列 全8話

視聴率推移

1話 3.4%  2話 3.3%  3話 3.2% 4話 2.1% 5話 2.9%

6話 2.8%  7話 2.3%  8話3.2%

 

 

あらすじ・出演者

凶悪な犯罪をおかした少年Aは、現在名前を変えて御子柴礼二と言う名前で弁護士になっていた。しかし、弁護士と言っても「どんな手を使ってでも無罪を勝ち取る弁護士」だった。彼は本当に悪魔に魂を売った弁護士なのか?それとも…二転三転の法廷ドラマです。

 

要 潤…御子柴 礼司 

【出演作品 シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う 2020年日テレ列 キングダム 2019年公開

ベッキー…日下部 洋子

【出演作品 ショムニ2013 2013フジ系 エイトレンジャー 2012年・2014年公開

津田寛治…岬恭平

【出演作品 警視庁捜査一課9係 テレ朝系  この道 2019年公開

 

 

見たのは5話から!

5話からいきなり見てしまいました。それはこのドラマは1話完結だと思い込んでいたのでどの回から見ても大丈夫だろうと見てみましたが続きでしたが、5話から見ても内容はざっくりわかりました。

深夜ドラマとは思えない位の圧倒的法廷の緊張感の展開でした。「どんな手を使っても無罪を勝ち取る」と聞いたのでとんでもないゲスな弁護士かと思いきやなかなかいい弁護士じゃん!と思ってしまいました。(あくまでも5話しか見てませんが…)

5話と言う中途半端な所から見た感じでは、共感が持てるヒーローって感じがしますね。法でどんな手も使って勝ち取るならまだいいのではないのでしょうか。賄賂など悪いことをしてまでの事では無かったので。

ダークヒーロー的な感じのドラマはどうしてもちょっと抵抗がありますが、意外とすんなり見ることが出来ました。一見クールな御子柴ですが、過去の罪にも悩まされている葛藤の描き方など濃厚なイメージがあります。1話から探しだして見ないといけないなぁと感じるドラマです。

 

要潤

彼は仮面ライダー出身俳優「仮面ライダーアギト」からです。彼が主演を張るドラマも初めてではないでしょうか?(間違っていたらスミマセン…)

いつもの彼は、脇にいて重要なキーパーソンを演じていると言うイメージが強いので。でも今回は、彼の持っている顔立ちがこの御子柴礼司と言うクールな役を引き出してくれています。

ちょっと惜しいのが、子供の頃の御子柴礼司は全然要潤の面影が無くリアリティーが少し無くなってしまったかな…と思います。

 

 

ベッキー

連続ドラマのレギュラー出演久しぶり何ですね。スポットでの出演はあるみたいですが、「ショムニ2013」が調べて見ると一番近いレギュラー出演になってるみたいですね。

彼女も色々ありましたからね…「東出チーム」の一員です。しかし2016年の話なので3年後の今はゲス不倫も忘れられつつありますね。東出昌大も3年後には、今回の騒動も忘れられるのかな?

と誰の話かわからなくなりますがベッキーに関してはこのドラマでは印象無しです。御子柴と言う男を演じる要潤に助けられています。彼がいるからこそ成り立っている役柄と言う感じてすね

 

 

何回も言いますが、あくまでも5話しか見ていないので・・・

随時見終わったら更新していきます。