Nessのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!

【ドラマ】私たちはどうかしている② 4話

私たちはどうかしているももう最終回まできましたが、月初にレビューしただけでずっと溜めこんでしまってたので何とか最終回までに7話までレビューしていきたいと思います。7話まで見ているんですけどね・・・

 

私たちはどうかしている 

2020年9月2日放送 4話8.2%

 

 

www.itosen06.com

 

 

 

 

横浜流星

あなたの番です」以降、2020年の日本テレビ系ドラマで「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」でも主演を飾り、1クール開けてこの「私たちはどうかしている」で浜辺美波とW主演を張っています。今、一番日本テレビ系の押し押しの俳優に見えてならないです。

このドラマ「私たちはどうかしている」が踏ん張りどころ、「あなたの番です」以外の作品ではあまりパッとしないイメージなので…ここで一つ飛び抜ければこれからも需要が高まると思うのですが…

 

 

 

 

 

 

観月ありさ

ナースのお仕事」の時の彼女が懐かしいです。あれから20年後は悪女の役をやるなんて…

斉藤さん」の時の役柄とは全く正反対、陰湿で姑息な手段を目的のためなら使うと言った役を演じてます。「斉藤さん」の斉藤さんには、確実にギャフンと言わされてますね。

新しい演技のジャンルだと思うのでこれがうまくハマるとこれから観月ありさの悪女も目にする事が多くなると思います観月ありさも姑の役をやると聞くと「ナースのお仕事」を知ってる人からすると時代の流れを感じるのではないでしょうか?

 

 

 

 

4話総括

4話は、vs城島(高杉真宙)の話がメインに描かれ椿(横浜流星)を憎む理由も明らかになり敵として2人の前に立ちはだかります。七桜(浜辺美波)のひたむきさが城島の心を動かす訳です。

4話全体的には、おしい!と思いました。元々この「私たちはどうかしている」は感動系の話ではないかもしれませんが、感動できそうな話でした。しかし、その辺の作りがあっさりしてて涙手前で止まってしまいました。

和菓子と嫁姑・お家問題」だけでも十分満足できそうな設定なのでは?と感じてしまう位の内容です。要するに詰め込み過ぎだから感動もできないと思ってしまったのがこの回からでした。過去の事件が一番のこのドラマの焦点ですが、別に伏線が色々張られている訳でもないので事件パートはいらないかなーとも考えてしまいましたね。原作を忠実に再現しているとしても「あなたの番です」のスタッフが再集結と聞くとプラスアルファで考察の楽しみを与えてくれるのではないかと思ってましたが・・・

絶対零度season4」みたいな裏表あるキャラクターで進んでいくと思った高杉真宙ですがひとまず落ち着いて良かったかなとこの物語の中では数少ない「良心」へと進化したような感じです。

4話が一番自分の中では今のところ好きです。人の心を揺れ動かすというところがしっかりと現れていたと思います。

 

5話・6話でも色々な人物の過去が少しずつ明らかになってきます。

今現在7話まで放送中ですが、5話・6話の事は沢山言いたい事もあるのでまた別の話にします…

なんとか9月30日迄には、【5話・6話】【7話】位まで感想UP出来たらな~と考えてます。

 走り書きになってしまいましたが・・・