Nessのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!毎週日曜日18:00に映画のレビューは更新目指します!

【ドラマ】天国と地獄~サイコな2人~⑥ ~新しい名前出現により予想パニック~

天国と地獄~サイコな2人~

2021年1月17日スタート TBS系列21:00~

第6話 2021年2月21日放送

 

 

 

展開に追いつけない・・・

第6話での最後の新キャラクター「東朔也」という人物の名前が出てきました。今までの考察が全て覆りそうな感じで終わってしまいました。しかし今回の「東朔也」は、彩子・日高・河原がラストでそれぞれこの人物の情報を得る描写があるので確実に今回の物語に確実に重要なカギを握る人物になってきそうです。「戸田一希」みたいなサブキャラではないような気がします。

単純に考えると今回の現場に現れたが彩子と八巻が見張っている事に気づいて帰った人物が「東朔也」という人物で、中身は日高でこれまでの殺人の実行犯だったという線が一番しっくりきます。今回は現場に現れなかった為、何かに「東朔也」(自分の体)が巻き込まれたのではないかと思い死んでいるのかどうか彩子の中の「東朔也」は確認していた。「東朔也」⇔「日高陽斗」の入れ替わりというのが一番今回の話の流れでしっくりきそうです。

が、展開の予想を常に覆してくるこのドラマです一筋縄ではいきません。次で7話なのでまだ核心を突くには早いと思います。この展開が8話あたりで繰り広げられるならほぼ単純考察で確定な気もしますが。

ここから先は私の当たらない予想と妄想です。(何度映像を見て考察しても斜め上をいくドラマの為当たらないので・・・)

 

クウシュウゴウという人物

今回、戸田 一希(橋本 真実)から一ノ瀬の情報を購入した人物で、陸の便利屋に数字を消してほしいと依頼をしてきた人物です。一ノ瀬の情報を購入したのは、十和田 元(田口 浩正)という男が河原の調べでわかりましたが、自殺していました。

一ノ瀬の情報を購入したのは、十和田で間違えないのですが陸に依頼した「クウシュウゴウ」は別人という事になります。十和田は金に困っていてアルバイト感覚で戸田一希から一ノ瀬の情報を購入したが、用済みになったために真犯人に自殺に見せかけて口封じのために殺されてしまったのではないかと思います。

現在の陸に仕事を依頼している現在の「クウシュウゴウ」は、陸の師匠といわれる湯浅(迫田孝也)ではないかと考えています。本当は元々、陸が便利屋をやっていたことも知っていたので少しでも仕事をさせてあげようと思っていて、本来は自分で消さないといけない真犯人からの依頼を陸に依頼をしていたのではないでしょうか?陸に対して本当に優しい先輩なので・・・「4」の文字を消しているときに会ったのも偶然ではなく本当は仕事を見に来たのではないかなと思います。「9」の文字を書いてほしいと頼んだ「池袋のオッサン」も恐らく彼で全て真犯人の指示でバイトしていたのではと予想します。用済みになった時に自殺という形で幕を終盤で閉じてしまうかもしれません。その匂わせとして、5話での「3か月の命」という言葉にあるのではないでしょうか。(言葉自体には意味はありませんが)

色々と犯人説が濃厚な湯浅和男で登場人物の中で数字が入っていない人物ともいわれていますが、「三枝」扱いすれば数字が入っています。あくまでも真犯人の依頼で「クウシュウゴウ」として動いていると予想しています。

 

 

東朔也という人物

私は東朔也は新キャストで出演してくると思います。以前、優菜が話していた隣のおじいさんの孫で日高の同級生もしくは幼馴染ではないかと思います。予告で秘書の五木(中村ゆり)が「社長が一緒に奄美に行くって言ってた方では?」というフレーズがあるので旧知の仲なのは間違いなさそうです。

ここからはあくまで妄想ですが、奄美で東⇔日高が入れ替わってしまう。元々サイコパス気質だった日高はこれをいい事に犯罪を犯す。自分の体を犯人にしたくない東は持ち帰った漫画「暗闇の清掃人」に沿って痕跡を消して回っていたが、優菜と東も旧知の仲で朔也に気があった優菜入れ替わりの事実を聞かされた後に歩道橋から転げ落ちて入れ替わってしまい、優菜に「東朔也の魂」が、日高陽斗に「優菜の魂」が入っているのでは?と思ってしまいました。私が何とかするという事でボストンへ飛び痕跡を消す特殊洗剤のベンチャー企業を立ち上げ、優菜(魂・東)は、優菜になりすまして父親の会社で働いているのだと思います。

長くなってしまいましたが私の予想では、

現在は日高 陽斗(魂・望月 彩子)、望月 彩子(魂・日高 優菜)、日高 優菜(東 朔也)、東 朔也(魂・日高 陽斗)、クウシュウゴウ=湯浅和男という感じですね。

※どうしても、あまりにも女性らしく化粧したりとふるまっているので日高の中に入っていた人物は同性愛者ではなくて女性と思っている私なので優菜を絡めて予想してしまいます。秘書の五木でもいいのですが・・・

しかし、指示を出している人物本当の黒幕が謎のままです。黒幕も新キャストなのでしょうか?日高が言いなりになりそうな人物といったら、「自分の母親」か「隣のおじいさん」、法で裁けない人物を粛正しているとしたら正義感の強い警察内部の人間ではないのかとも考えられます。実行犯についてはだんだん核心に迫りつつありますが、黒幕はまだ姿の片鱗すら出していない気がします。

 

今回も長々と読んで頂きありがとうございました。

6話視聴終了後から他の方の考察は一切見ないで自分なりに考えています。なので見当違いすぎる予想もあるかもしれませんが、ご了承ください。

 

 

www.itosen06.com

 

 

7話予告

 

 

謎の女性?お母さんらしき人物もちょっと登場しています。お父さんもついに出てきて日高の過去が明かされそうですが、だいぶ核心に迫る回になるのではないでしょうか?

来週を見るとガラッとまた予想が変わってしまうかも・・・・

第6話の視聴率は14.7%と5話の視聴率13.2%も大幅アップです。色々と話題にもなっていますしここから伸びてくれることを期待します。