Nessのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!毎週日曜日18:00に映画のレビューは更新目指します!

【映画】ノー・グッド・シングス ~ミラ・ジョヴォヴィッチはアクション以外もいける!~

ノー・グッド・シングス

ノー・グッド・シングス

画像引用元:GEO公式 ノー・グッド・シングス

2003年3月8日 日本公開

 

 

キャスト・あらすじ

キャスト

ジャック・フライア・・・サミュエル・L・ジャクソン【2003年 閉ざされた森

エリン・・・ミラ・ジョヴォヴィッチ【2002年 バイオハザード

タイロン・・・ステラン・スカルスガルド【2002年 シティ・オブ・ゴースト

www.itosen06.com

 

あらすじ

刑事のジャック(サミュエル・L・ジャクソン)は隣人に家出をした娘を探してほしいと頼まれ捜索をはじめる。探している最中に1人の老人が家の前で躓き荷物を散乱させてしまったがジャックがそれを助け、自分の身分と人探しをしている事を離すと何者かに殴られさせられてしまう。

目を覚ましたジャックは拘束され、老人は銀行強盗を企てているメンバーでこの家こそがアジトだった。拘束されたまま何もできず銀行強盗へ向かわせてしまったジャックだったが、ジャックの見張りとしてメンバーの一人エリン(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が共に家に残ることとなった。

ジャックはこの家から脱出することができるのか?銀行強盗の結末はいかに。

 

監督は「ブラッド&ワイン」(1996年)などを手掛けた監督、ボブ・ラフェルソン監督がメガホンを握ります。この物語には原作もありダシール・ハメットの「ダーク通りの家」が原作となっています。

 

総括

今回のミラ・ジョヴォヴィッチは「バイオハザード」シリーズや「ウルトラヴァイオレット」で魅せた格好良いアクションを披露するのではなく、アクションを封印したミラ・ジョヴォヴィッチを観る事ができます。

今回は、セクシーで登場人物の男たちを翻弄させる魅力的な女性を演じています。ミラ・ジョヴォヴィッチと言えばアクションが思い浮かぶかもしれませんが、彼女からアクションを取っても問題無いと言わんばかりに新たなる一面を魅せて楽しませてくれます。

彼女が悪者側の設定にも斬新に見えますし、セクシー路線で悪女という役柄もしっかりと型にはまっていました。

 

サミュエル・L・ジャクソンがこの映画の主演ではありますが、彼の使い方は少し勿体ないと感じてしまいます。もう少し活躍の場を与えてくれても良かったのに・・・と感じてしまいました。

ミラ・ジョヴォヴィッチにほとんど持っていかれたような感じですね。

 

しかし、

サミュエル・L・ジャクソン×ミラ・ジョヴォヴィッチ

という俳優の共演を観るだけでも豪華な映画だと思います!

  

www.itosen06.com

 

今回の映画は、Amazon primeNetflixでは配信されていません・・・GEOで借りてきました!

私はJAF会員で、会員広報の中にGEOの旧作無料クーポンがついているのでそれを利用しました。JAFは車も困った時助けてもらえてクーポンも結構ついていて会員特典も結構あるのでお得かな思います。(私は、年間会員費の4,000円以上クーポン利用しているのでお得に使わせていただいてます)

今回の映画の評価は、yahoo映画2.6、映画.com2.5、Filmarks2.6となっています。