Nessのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!毎週日曜日18:00に映画のレビューは更新目指します!

【映画】ガチバン MAXIMUM ~黒永勇人の人間的な成長が見られる、ホストの彼にも注目!~

ガチバン MAXIMUM

ガチバン MAXIMUM

画像引用元:Filmarks ガチバン MAXIMUMの映画情報・感想・評価・動画配信

2011年6月3日 DVD発売 Vシネマ

 

 

キャスト・あらすじ

キャスト

黒永 隼人・・・窪田 正孝

【2011年 僕たちは世界を変えることができない

吉田 義男・・・鈴之助

本田 英男・・・伊崎 央登

 

あらすじ

少年院からようやく出所した勇人(窪田正孝)が最初に向かったのは自分を裏切って少年院に入るきっかけとなった義男(鈴之助)の元だった。一発義男に喰らわせた勇人は行くあても無く義男の元にお世話になることに。

義男は現在韓流のホストクラブに務めており、勇人もホストクラブで働く事になったが、女性の下で媚びを売るという行為がどうしても気に入らない勇人だった。

そんな中、義男の客がツケを支払わず飛んでしまい借金返済の為に地下のファイトクラブ域となってしまう。勇人も義男を追いファイトクラブへと足を運んでいた。

 

この作品はガチバン黒永勇人シリーズの4作目にあたる作品です。

 

 

総括

黒永勇人

窪田正孝演じる黒永勇人ですが1作目の「ガチバンMAX」の時の自分の腕っぷしこそが全てと思っていた頃の勇人と違いだいぶ人間的にも成長が見られます。

気に入らない事があれば暴力で事を収めていた彼ですが、ホストとして働いた際は女性のわがままにも耐える事が出来るようになっていて容姿とともに落ち着いています。

ホストとしての彼の今までとは別の一面にも注目です。

 

本田 英男

今回の勇人の相手は、伊崎央登演じる本田英男です。

伊崎央登は「クローズZERO」シリーズでも活躍した三上兄弟の三上豪を演じていました。私は観た事ないですが酷評がすごい「デビルマン」の主演も務めていました。クローズの時もそうですが、演技にあまり違和感は感じませんでした。

本田英男というキャラについては、今までで登場シーンはものすごく強キャラの雰囲気を出していましたがもう少し掘り下げて欲しかったですね。

 

感想

ガチバンの黒永勇人シリーズでは、ヒロインとはいかないながらもキーパーソンとなっている女性ともストーリーで出会いながら人間的な成長を魅せていると感じます。

ガチバンMAX」では鎌田奈津美演じるのんのん、「ガチバンULTRA MAX」では、永野芽郁演じる星良が、今回では長澤奈央演じる潤がこれにあたると思います。これからのシリーズでもこの様な存在がでてくるのでしょうか。

 

勇人と義男は腐れ縁な所があり、義男は数々のトラブルを持ってくるので対等な立場とは言えませんが、ここまで来たらガチバンのバディみたいなものですね。

義男は後輩に助けてもらう先輩という立場ですが、なぜか心から憎めません。2人のやり取りはちょっとしたガチバンでは癒しと化しているように感じます。

このガチバンの物語には安定感のある2人に感じます。

 

www.itosen06.com

 

www.itosen06.com

 

www.itosen06.com

 

 

2021年8月22日現在Amazon primeでは配信されていますが、Netflixでは配信されていません・・・

評価は、映画.com3.3、Filmarks3.4となっています。