イトセンのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!

【映画】デスノート前編 犯罪者が次々と裁かれるのは良いことか悪いことか・・・


f:id:sen0622:20191117173414j:image

 

 

公開日 2006年6月17日

出演・藤原竜也松山ケンイチ香椎由宇細川茂樹瀬戸朝香、他

 

カイジファイナルステージ公開まで、しばらくの間、藤原竜也シリーズの映画をちょこちょこっと観ていこうと思います。

 

 

あらすじ

犯罪者が次々と心臓麻痺で死んでしまう事件が発生。人々はそれをキラと名付け神扱いとなる。その事件を起こしているのは、名前を書いただけで人を死に追いやる事のできるノートデスノート保有している夜神月(藤原竜也)だった。これを大量殺人と読んだ探偵「L」(松山ケンイチ)。月vsLの頭脳戦が繰り広げられる。

 

感想

原作を元にオリジナルのストーリーやキャラを交えながら進んでいきます。

この時の藤原竜也は、カイジ感が全く出て無いです。(当たり前ですが…)

松山ケンイチについては、この映画でブレイクしたと言っても過言ではありません

デスノートに出てくる死神はCGですが安っぽいCGではなくほとんど実写化に馴染んでいました。声優は、中村獅童です。

自分は、原作は読みましたが、実写化の違和感はあまりませんでした。上手く2人とも型にはまっています。特に松山ケンイチ演じるLは、原作を見てもほとんど変わらない位のLぷりを見せてくれます。

デスノートでは、死因操作をする事が出来るのですが、死因操作も出来てしまうと完全に無敵の武器となってしまいます。他人の行動を操れるので何ともしようがあるんですよね…まさに最強!

この世界では犯罪者が次々と死ぬので犯罪がほとんど減っている世界となっていますが、犯罪者を犯してしまったものが裁かれるのは良いこととするキラ信仰派とただの殺人犯と言うキラ反対派と2種類に分かれます。この2つの対立は、ほとんどストーリーには絡まないですが、人それぞれ考え方は違うしとても奥深い。100人に聞けば100人がそれぞれの違う答えが帰ってくると思います。

精神病を装えば無罪になる。確実に犯人なのに証拠不十分で無罪になる。残された家族の事を考えると、そんなろくでも無い人間は、キラにやられるべきだと思いますが、実際一番いけないのは法律だと言うことを忘れてはいけません。

この映画の主題歌は

レッド・ホット・チリ・ペッパーの「ダニー・カルフォルニア

ですが、曲の雰囲気がこのデスノートとマッチングしてます。

  

 簡単なネタバレ

↓へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. 犯罪者が心臓麻痺で死んでしまう事件が発生
  2. キラの正体は、夜神月
  3. L登場。
  4. Lは数々のトラップから犯人は捜査本部関係者の家族と言う所まで突き止める。
  5. 尾行が関係者につくが、夜神月の尾行はレイ・イワマツ細川茂樹)と言うFBI捜査官
  6. 尾行に気付いた夜神月は、レイ・イワマツを排除完了する。
  7. レイの婚約者の南空ナオミ瀬戸朝香)が夜神月の前に現れる。
  8. 南空ナオミからLに夜神月がキラだと証拠を見せると連絡が入る。
  9. 南空ナオミに彼女の詩織(香椎由宇)が撃たれ死亡、南空ナオミも自殺する。
  10. 全ては夜神月デスノートにて書いた事。彼が全ての出来事を操っていて彼女までも殺してしまう。
  11. 夜神月とLが対面。捜査本部へ夜神月も正体される。