イトセンのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!

【ドラマ】教場 続編決定!!

 

今年の新春に放送されたドラマ「教場」が第2弾としてまた来年の新春に放送が決定しました!!

教場

2020年1月4日 15.3%

2020年1月5日 15.0%

警察学校が舞台のドラマです。風間公親(木村拓哉)は異色すぎるくらい凄まじい雰囲気を持つ警察学校の教官。警察学校に入校してくる生徒たちをふるいにかけ問題が起きると退校届をつきつける非情な教官だが、そんな彼の下で生徒たちに様々な問題が生じ始める。彼が一人一人の生徒に出す決断とは・・・

2020年はこのような感じのあらすじでした。

 

木村拓哉の新境地とも言える、何をやってもキムタクという演技のジャンルを超えていて存在するだけで凄味を持たせる役柄のこのドラマは、シリーズ化に良く見られるようなマンネリ化では終わって欲しくないです。前回とほぼ同じ警察学校の生徒と教師の話だけだと前回と同じなので続編では是非変化をもたらせて欲しいと感じる自分がいます。

生徒役の俳優陣達がガラッと変わるだけでも少しは見応えはあるとは思うのですが、前回以上のインパクトも残してほしいのが自分の教場に思う事でもあります。

前回のインパクトはやはり白髪のキムタク、寡黙なキムタク、存在感がMAXながらも周りの生徒が生きるという立ち位置。すべてが斬新でした。このインパクトプラスアルファにしないとマンネリに思ったり、前回よりも面白さが感じなくなってしまうので是非進化してもらいたいなと感じます。

 

 

 

シリーズドラマを少しだけ・・・

 

「ごくせん」

ちょっとマンネリ気味に感じてしまったドラマです。

最初は、極道の娘が教師をするという面白い設定で仲間由紀恵主演のドラマ。旬の俳優が勢揃いでした。小栗旬成宮寛貴小池徹平速水もこみち三浦春馬・三浦翔平なども生徒役でパート1~3をそれぞれ彩ってくれました。

しかし内容は代わり映えする事は無く1~3通じて生徒のトラブルも似たり寄ったりに感じてパート3の後半は見なかったのを覚えてます。

続編を作成するならマンネリではなくインパクトを与える事が重要だと思います。同じような設定も2回目までが限界かな~っと思います。

 

「BG~身辺警護人」

シリーズでも見応えあるなと感じました。

木村拓哉主演のドラマで最近までシーズン2を放送してました。

ちょっとしか見てないですが…(今後見る予定)

第1シリーズはチームとしてボディガードを行い、第2シリーズでは島崎(木村拓哉)と高梨(斉藤工)がバディを組むという警護形式もがらっと変えてきました。

この物語の核となる依頼人のゲストをしっかりと活かしつつ中心を変えてくるといった手法が期待とワクワク感を持たせてくれ見ている側にも飽きさせない手法だったと思います。第3シリーズの予定もあるような話も聞きますので、主人公の背景を変えながらも根本的なところは変えないでいてくれるとマンネリという所は防げるのかもしれませんね。

コロコロ変わりすぎるのもごちゃごちゃして見づらくなるかもしれませんが・・・

 

まだまだシリーズもので語りたいのも沢山ありますが、ダラダラと長くなってもいけないのでここまでにします。ドクターXは一回も見たこと無いのでシリーズ物で視聴率も高視聴率なので見てみたいなと考えてます。

 

 

制作するほうも大変だと思いますが、是非自分たちが見たいと思う作品を新春に教場で出していただければなと思います。

 

 

 

 

www.itosen06.com

 

 

www.itosen06.com

 

 

【ドラマ】私たちはどうかしている

この前言った資格は、たぶん落ちました・・・

過去の出題傾向から見ると過去問から結構でていたので過去問を集中でやったのですが、今回から趣向が変わったのか過去問を更に掘り下げた所まで勉強していないと合格できないような試験でした・・・ちゃんと勉強していなかった証拠ですね。

今回の感想はドラマです。今回のクールはリアルタイムで見ているのはこのドラマだけです。最終回まではしっかりと自分なりの感想を書いていこうと思います。

 

 

 

 私たちはどうかしている

 

 

2020年8月12日スタート

1話 9.6%  2話7.8%  3話8.4%

 

 

出演者・あらすじ・原作・スタッフ

浜辺 美波…花岡 七桜

【2020年 アリバイ崩し承ります  テレビ朝日系 冬ドラマ】

横浜 流星…高月 椿

【2020年 シロでもクロでもない世界でパンダは笑う 日本テレビ系 冬ドラマ】

高杉 真宙…城島 祐介

【2020年 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ season4 フジ系 冬ドラマ】

山崎 育三郎…多喜川 薫

観月 ありさ…高月 今日子

佐野 史郎…高月 宗寿郎

 

 

和菓子職人の七桜(浜辺美波)は、和菓子対決を行う事になりその相手は光月庵の椿(横浜流星)。

15年前七桜は、和菓子職人の母、百合子が住み込みで働いていた光月庵で一緒に暮らしていた。ある日、椿の父樹(鈴木伸之)が死んでいた。犯人は百合子と証言する椿。百合子は捕まり、七桜は追い出されてしまう過去が…

対決の後、いきなり椿にプロポーズされる七桜は、事件の真相を追うため、憎い椿のプロポーズを受けることに。そこに待ち受けている七桜の運命とは…

 

 

  

原作の漫画があるドラマです。「BE LOVE」と言う女性向けの雑誌で連載中です。まだ、漫画の中では結末が出ていないのでオリジナルの結末になるのではしょうか?原作知ってても楽しめる。知らなくても楽しめるドラマです。

この雑誌を調べてみると「ちはやふる」もこの雑誌の連載です。

 

今回のこのドラマは、「あなたの番です」のスタッフが集結したドラマと聞いていました。2話以降の物語冒頭のオープニングも「あなたの番です」を彷彿させる物に感じます。

キャスト陣もレギュラーで横浜流星和田聰宏・前原滉と「あなたの番です」のキャストが出ています。(「あなたの番です」自体登場人物は多いのでかぶることもありますが…)

木曜日22時~のフジ系ドラマ「アンサング・シンデレラ」でもレギュラーで田中圭西野七瀬金澤美穂という「あなたの番です」出演者が出演しているんですけどね…

 

 

キャスト陣

浜辺美波

浜辺美波横浜流星のW主演という事ですが、浜辺美波に関しては、好きな女優の一人ですがこのドラマでの役柄は今まで見てきた役柄とは違い少し大人っぽい女性を演じていますが、まだちょっと似合わない気がしました。まだまだドラマも序盤なので是非ともこのドラマで一つの演技の殻を破ってもらいたいなと思います。

ただ和菓子職人のパートの和菓子に対するシーンは天真爛漫でこれぞ浜辺美波って感じに見えますのであと一歩と言う感じですね!

 

高杉真宙との共演も「賭ケグルイ」でしていて、2ショットのシーンは、実写のファンは嬉しく見れると思いますが、今回は「賭ケグルイ」での夢子と鈴井の関係ではなく城島(高杉真宙)が裏の顔を持って主導権を握ってるような雰囲気もあります。

最終的には「賭ケグルイ」のような関係になってもらいたいなと思ってます。

 

 

www.itosen06.com

 

 

 

感想 

 

お家騒動と嫁姑問題、過去の事件と絡み合いお腹一杯になるドラマですが、ドロドロの人間模様で見ていて疲れる所もあります。

和菓子のシーン、ラブストーリーのパートがこのドラマのドロドロの疲れた気持ちの箸休め的、癒し的な存在になっているので終始疲れる訳ではない内容の作りになっていると思います。ラブストーリーの部分に関してはツンデレドラマの王道を見ている感じです。

 

あなたの番です」を最初から観ていた時も最初は、疲れると言った意見も多く視聴率も低かったですが最後はトレンドに上がる位社会現象になりました。

なのでこのドラマも伏線がちょこちょこっと張られているのでどこかで上がる可能性もあるかもしれません。原作があるので考察しなくても途中まではストーリー内容も調べるとわかる気がしますけど…

あなたの番です」のスタッフが集結しているので私は期待をしています。

 

まだまだ書き足りないですがダラダラと長くなりそうなのでまた今度このドラマについては書いていきたいと思います!

 

 

 

 

【映画】見えない目撃者

 今月の23日にある試験があります。実は私その試験を受ける予定ですが、合格率も低くなかなか難しく勉強を始めたのが6月過ぎからになります。勉強のため更新をおろそかにしてしまいましたが勉強のめどがたったのでまた更新していこうと思い投稿しました。

最後の更新から1か月以上開いてしまいましたがマイペースに更新していこうと思います。こんな弱小レビューブログ見る人はほとんどいないと思いますが、より多くの人に見てもらえるようにそして意見交換なんて出来たら嬉しいかなと思います。

文章もきっと書けば書くほど上手くなると信じて!

 

 

見えない目撃者 

 

2019年9月20日公開 

サスペンス

 

 

 

出演者 ・あらすじ

吉岡 里帆…浜中 なつめ

2019年 パラレルワールド ラブストーリー   時効警察はじめました テレビ朝日系 秋ドラマ

高杉 真宙…国崎 春馬

2019年 映画 賭ケグルイ  サイン~法医学者 柚木貴志の事件 テレビ朝日系 夏ドラマ】

 

www.itosen06.com

 

 

自分の運転する車で交通事故を起こして弟と視力を失ってしまった元警察官のなつめ(吉岡里帆)、ある日スケボー少年の高校生春馬(高杉真宙)が車と接触事故を起こした場に立ち合わせたなつめは、その車の中から助けを求める少女の声を聞く。警察と春馬と共に独自の視覚以外の感覚を研ぎ澄ませ誘拐事件の犯人を追う。

 

 出演者たち

 

盲目のキャラクターを演じる時はいかにホントに目が見えない事を表現して視聴者に伝えないといけません。この難しい役どころを吉岡里帆はしっかりと演じてくれてました。自分が思う彼女のイメージは元気なキャラクターを演じる女優なので、このシリアスな演技はまた新境地ではないのかなと感じました。

高杉真宙もこの時は、22才位の年齢ですが賭ケグルイの時もそうですが、顔だちからか高校生の役がまだまだ似合う感じです。2012年のドラマ、「高校入試」の時に出演した年齢はホントに高校生くらいなので年相応の役でした。

 

この映画は2011年韓国で公開された「ブラインド」と言う映画が森淳一監督によりリメイクされた作品です。森淳一監督は、窪塚洋介主演映画の「laundry」や2008年の「重力ピエロ」などの監督です。

他にも中国でも2018年にリメイクされています。全てを知るには他の国の映画も見てみないといけないと思うので近々拝見したいと考えてます。

 

感想

 

 

ツッコミどころと言うと、事件の協力者で元警察官と言えども凶悪な犯人がいる場所まで一緒に連れていってしまったり(高校生も一緒)、応援を待たずに刑事が乗り込んでしまったりと一番頼りにしないといけない警官が頼りにならないと言った場面が、物語の展開を考えると仕方ない事なのかもしれないですが、ちょっと頼り無さすぎ…

出演者の顔ぶれを見てみて登場してくる頻度を考えるとおのずと途中で犯人は誰かわかってしまうような気もしました。

 

目の見えない人にしかわからないこそ研ぎ澄まされる、なつめから見える視点も映像で描かれていて盲目の登場人物を活かす分には設定はしっかりと構成されていたと思います。健常者相手に逃げたり、立ち向かったりと緊張感がすごく伝わってきます。

 

先程述べた通り警察の頼りなさはちょっと納得いきませんが…

 

最初から最後まで中弛みする事無くほどよい緊張感を与えてくれて楽しめる映画でした。

 

 

 

【再放送見たいドラマ】35歳の高校生 ~今、活躍中の俳優が沢山!~

コロナウイルスの影響で新ドラマが次々と再放送になってしまってますね。だからこそ放送して欲しいドラマと言うものは沢山ありますよね!

逆に新ドラマを次から次と作成するよりも、アンケートとかでまた見たいドラマをゴールデンタイムで定期的に再放送のドラマを流した方が視聴率はとれるのではないかな?とも思ってしまいます。

実際に再放送ドラマと言うのは現在結構視聴率高いものは高いらしいですからね。

「視聴者が見たい」と言うリクエストでないと視聴率は取れないかな?とも思いますが…

そこで自分がもう一度見たいドラマをいくつかピックアップしてみたいと思います。

 

 

今回は、

 

35歳の高校生(日本テレビ系)

2013年4月13日~6月22日 土曜21時

米倉涼子主演。

米倉涼子が主演と言うのもありますが、何より今となっては共演する事が無いのではないか?と思う位に生徒役が豪華メンバーなんです。

 

生徒役出演者として【(   )はこのドラマまでの出演作です。】

菅田将暉(仮面ライダーW 2009年)

山崎賢人(黒の女教師 2012年 TBS系列)

野村周平(高校生レストラン 2011年  日本テレビ系列)

高杉真宙(高校入試 2012年フジテレビ系列)

広瀬アリス(黒の女教師 2012年 TBS系列)

新川優愛(GTO 2012年 フジテレビ系列)

森川葵

先生役で出演が

溝端淳平片瀬那奈

 

 

このドラマ自体のあらすじは

スクールカーストに焦点を当てたもので、1軍と呼ばれるカースト上位に位置する生徒たちが猛威を震う高校の3年A組に35歳の馬場亜矢子(米倉涼子)が編入する事により、今までクラスが抱えていた闇を解決していくような流れで、今までの学園ドラマでは、先生が解決していくと言う物語ではなく、年上ですけど生徒が解決していくといった一風変わったストーリーでもあります。

 

1軍生徒で、菅田将暉野村周平高杉真宙新川優愛。2軍生徒で、山崎賢人森川葵。3軍生徒で、広瀬アリスが出演している訳ですが、放送当時は、知ってる俳優は、菅田将暉山崎賢人しかいませんでした。

今となってはこんな出演者が共演するとかなり豪華になってしまいます。豪華共演が見れるのも昔のドラマだからこそと言えるのではないでしょうか?

有名になる前の作品と言うのは結構貴重だと思うのでこのようなドラマの再放送も結構視聴率取れるのではないかなと考えてしまいますね。

どんなドラマを再放送して欲しいか何かでアンケートなんて取ってくれたらなぁ、と思ってしまいます。

 

よく調べてみると「黒の女教師」と言うドラマもなかなか生徒役が千葉雄大や土屋太鳳などなど出演しているのでちょっと見てみたいなと思いました。

 

最後に・・・

新ドラマ次々と再開していますね!!!

すっかりテレビも見なくなってしまったのでハケンの品格すっかり忘れてしまいました。テレビ番組表もしっかりチェックしなくては!

ティーバーでは1週間以内なら見逃し配信見れるので見逃した時はこれで見ないといけませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【映画】不能犯 憎い人を消してもらっても幸せにはなれない

やっとコロナウイルス緊急事態宣言全国で解けましたね。まだまだ油断は出来ないですが、これから第2波や第3波来ることなく終息してくれればいいのですが…自分はかろうじて仕事に影響なかったのですが、どこにも出掛けることができずモチベーション上がらないまま1ヶ月以上経っての更新になります。

全てが中途半端になってしまってますが、ここから一からスタートの気持ちでやっていきます。

中途半端部分の記事は徐々に消していく予定です…

はてなブログのProなのでどんどん利用しないともったいないので6月は利用出来ればなと思ってます。

 

 

不能犯

2018年2月1日公開

 

 

出演・あらすじ

 

松坂 桃李…宇相吹 正(うそぶき ただし)

孤狼の血 2018年

沢尻 エリカ…多田 友子

猫は抱くもの 2018年 ハゲタカ 2018年

新田 真剣佑…百々瀬 麻雄

OVER DRIVE 2018年 トドメの接吻 2018年

間宮 祥太朗…川端 タケル

食べる女 2018年 BG身辺警護人 2018年  】

 

電話ボックスの裏に始末して欲しい相手と理由を書いた紙を貼ると完璧に始末してくれる「電話ボックスの男」が都市伝説となっていた。

実際に存在する「電話ボックスの男」こと宇相吹 正(松坂 桃李)は、マインドコントロールにより対象を始末しており警察は実証出来ない事から不能犯と呼ばれるが、この宇相吹を一人の刑事、多田 友子(沢尻 エリカ)は追っていくが、その先に次々と事件が起きていく。

 

沢尻エリカ

 

すごい良い演技なんですよね…彼女の現実で実際の性格はサバサバしていて女王様の雰囲気ですが、そんな事を微塵も感じさせない演技をいつも魅せてくれます。正直、ドラッグに手を出していなければまだまだ大女優の道も歩けたのかもしれないです。

純粋ではないでしょうか?な心の持ち主を演じることが多い気がしますけど、実際と演技のギャップもある意味カメレオンなのでないでしょうか?」

復帰してもまともな役は無理なのかなぁ…と思ってしまいます。また、こんな演技出来るなら復活もちょっと望んでしまいます。

 

 

 

松坂 桃李

 

彼は、確かにイケメンですがちょっとどことなく影がある人間を演じた方が演技が活きる気がしますね。顔立ちからなのか…

この不気味さを演じる事が出来るのも一つの松坂桃李の俳優としての魅力が詰まっていると思います。

なんかはじけてる様な役がちょっと想像出来ないですが、彼は「戦隊シリーズ」出身なんですよね。(侍戦隊シンケンジャー 2009年)

 

 

 

 

総括

 

誰かを憎んで依頼で始末してもらっても結果的にはバッドエンド…

依頼者側から見ると「世にも奇妙な物語」みたいな宇相吹(松坂桃李)側からみたら「笑うセールスマン」みたいな感じでサブストーリーを消化しながらメインパートの宇相吹と多田(沢尻エリカ)のやりとりが行われます。

マインドコントロールが唯一効かないのが刑事の多田ですが、絶対的な相手には必ず絶対的な主人公が立ちはだかりますがMONSTERZ 2014年 山田孝之藤原竜也」のような、なぜそんな能力がそなわるのかは、謎ですがそこを突っ込むとどの映画も破綻してしまうのでそこはあまり考え無いようにしましょう。

普通に最後まで見れましたと言う感じです。

もう一回見たいか?と聞かれると物語忘れた頃ならまた見てもいいかなって感じですね。

他の出演者として、

安田顕矢田亜希子忍成修吾小林稔侍なども出演してます。

ドラマシリーズもあるみたいですが、Amazon primeでは探しても見つからなかったのでGEOかTSUTAYAでレンタル探すしか無いようです。このドラマは映画の前日譚みたいなのでドラマ→映画でもいいかもしれませんね!

 

 

 

【映画】翔んで埼玉 ~ディスり過ぎなのに良いところが見える~

世間はコロナウイルスで話題が持ちきりですが、緊急事態宣言にも関わらず旅行に出掛けたり不要な外出する人も見られますがホントに我慢して家に居ましょう!皆が我慢して耐えればそれだけ早く終息すると思うのでここは一致団結したいと思っても無理ですよね…

家に居ても暇と言う方500円でAmazon primeに加入できるので是非家でどんどん映画ドラマを見てしまいましょう!しばらくはAmazon primeのビデオについて感想述べていこうと思います。

 

 

 

 翔んで埼玉

 

  

2019年2月22日公開 106分

 

2020年 第43回日本アカデミー賞

最優秀脚本賞・最優秀監督賞受賞

 

 

あらすじ・出演者

結納をする娘の愛海(島崎遥香)と父親の好海(ブラザートム)と母親の真紀(麻生久美子)は、結納に向かう車の中で埼玉にまつわる都市伝説がラジオ流れて来るのを聞く。その内容は、

ひと昔前、埼玉県民は通行手形が無いと東京に出入りすることが出来ない時代があった。名門校の白鵬堂学院にアメリカ帰りの麻実麗(GACKT)が転校してくる。そこで、学院の生徒会長の檀ノ浦百美(二階堂ふみ)と出会う事から埼玉の運命は大きく変わっていく事になる…

と言う話を運転しながら聞き入る3人の家族はどう思うのか?

 

 

二階堂ふみ…檀ノ浦百美

人間失格 太宰治と3人の女たち 2019年  ストロベリーナイト・サーガ 2019年

GACKT…麻実麗

伊勢谷友介…阿久津翔マチネの終わりに 2019年 ボイス110緊急指令室 2019年

 

 

感想 

正直予告見てもバカらしくて全くそそられなかったのが最初の印象でした。Amazon primeで配信していたので拝見、予想と全然違いました。めちゃめちゃ過ぎる位埼玉をディスりまくっているこの映画ですが、裏を返せば埼玉愛があるからこそ表現できる物語だと思います。ユルい感じだけど引き締まってるからこそ最後まで真剣に見れる映画です。

100%フィクションのはずなのですがいつの間にか引き込まれてあたかもこんな事があったのではないかと錯覚させられそうになります。

演者達が楽しんでのびのびと撮影に挑んでいたのではないでしょうか?映像からもその雰囲気が伝わるからこそ日本アカデミー賞の監督賞や脚本賞も獲得できたのではないかなと思います。この映画を見ると元気になれる映画です。

埼玉あるあるも多く埼玉県の人がこの映画を観たときの笑顔が目に浮かびます。もちろん埼玉県民以外の方でも楽しめます。むしろ劇中では埼玉県は何もないと言われてますが行ってみたくなります!

それがこの映画「翔んで埼玉」なのです!

 

二階堂ふみ

今回この映画では、あくまでも男性役に徹しています彼女はちょっと癖のある役をやらせると右に出る女優はいないのではないかなと思うくらいです。リバース・エッジ」や「ストロベリーナイト・サーガ」などただのヒロインや主演でない雰囲気を醸し出す方が彼女にはあっていると思います。普通のヒロインでは、物足りなくもったいない感じがしてしまいますね。

今回の役も癖のあるのですが宝塚みたく男役に見えず終始どうしても女の子にしか見えなかったのが残念でしたが十分難しい役どころをよく演じきったかなと思います。まだまだこの先を見てみたい女優です。

 

GACKT

まさかこの映画に出演するなんてって感じです。「格付けチェック」を見ても記録をクールに伸ばし続けてる彼がカッコいいけどちょっと3枚目の役を演じるという事が以外でした。あまりGACKTが俳優として演じる所は見たことなかったですが、あの衣装が似合う男と言ってもなかなかいません。

格付けチェック」に似たシーンもこの映画には登場しますがやはりGACKTだからこそ演じさせたのかなと思ってしまいます。

いつもテレビでは冗談なのか本気なのかいまいちわからないGACKTですがこの映画ではしっかりとハジケっぷりを見せてくれています。こんなGACKTもなかなか見れないと思います。映画という演技のなかではありますがこんなGACKTも必見です

 

エンドロール

最初から最後までエンドロールまで楽しめるのがこの映画の強みではないかなと思います。エンドロールに流れるはなわの埼玉県の歌がテロップ付きで流れますがこれを聞くために最後まで見たほうがいいとオススメします。リズムといい歌詞といい最高です。

エンドロールって結構長くていい楽曲でない限り見るのも結構辛くなったりするので自分は、エンドロール後何かあるかも?と期待する映画以外はエンドロールは見ません。

でもこの映画ではエンドロールですら見所、時間が短く感じさせてくれます。

 

 

この「翔んで埼玉」は万人受けする映画だと思います!

【映画】仮面学園 ~若き日の藤原竜也を見よ!~

コロナウイルスでイベント中止も相次いでます・・・

自分も連休でディズニーランドに進出予定でしたが予定がなくなりました・・・

残念ですが仕方ないです。早く終息してほしいと思います。

これに乗じて詐欺をしたり、高い金額でマスクを転売したりとこんな時にこういうことができるのかなと目を疑ってしまいます。本日よりマスク転売禁止もスタートします。

 

 

 

 仮面学園

2000年8月5日公開  90分

 

あらすじ・出演者・主題歌

私立高校で一人の登校拒否の男子生徒が仮面をつけて登校してくる。仮面をつけたとたん人格が別人のように変わっていた。そして一人一人とブームのように仮面生徒が増えてしまう。そんな中、大きな事件が起こり仮面生徒vs素顔生徒という構図が社会現象にまで発達してしまう。そんな中事件を探る女子生徒川村有季(黒須麻耶)が仮面作りをしている青年堂島暁(藤原竜也)に出会う。

 

藤原 竜也…堂島 暁

【出演作品…バトルロワイヤル 2000年公開

黒須 麻耶…川村 有季

栗山 千明…堂島レイカ

【出演作品…6番目の小夜子 2000年 NHK系列  バトルロワイヤル2000年公開

 

 

「rumble fish」Do As Infinity

 

 

この映画の雰囲気ともマッチしているような感じで良かったです。Do As Infinityまだまだ現役で活動していますが、懐かしいですよね。

 Do As Infinityといえば「犬夜叉」の主題歌のイメージが強いです。このあたりから結構メディアでも多く見ていたころだったかなと思います。

チームバチスタ3 アリアドネの弾丸」の主題歌も歌っています。

 

 

www.itosen06.com

 

 

 

感想

こんな仮面を付ける事が日常茶飯事になってしまうと顔を隠しているのだから犯罪者の国になってしまうでしょう。仮面を被ること=社会現象になると言う事は現実的にはあり得ません。そんな非現実的なドラマを実写化出来るのもフィクションならではです。

仮面を被るだけで違う自分になれるような気がする。気が大きくなるという事誰にでもあるかもしれません。誰しも、会社での顔・自宅での顔など使い分けていますがそれの具現化として仮面が使われてます。

話の流れ自体を考えると引っ張る割にはあっさりしている印象を受けてしまいました。全編普通に全部見れてしまうような内容と中弛みしない90分と言う時間に収まってるので見やすいながれとなっています。しかし、サスペンスと考えるとするとちょっとぬるめです。

2000年公開の映画なので俳優陣も若き頃の姿を見る事も出来ます。「石垣佑磨もこの頃は新人と明記されていて彼はこの映画から始まったんですね!

 

藤原竜也

まだ10代の頃の映画なのでやっぱり若いです。今でも彼は若く見えますが、この映画では美少年です。まだ今みたいな舞台じみた演技ではなくミステリアスな雰囲気を醸し出しています。「カイジ」の片鱗はこの映画では微塵も感じることは出来ずあくまでも若手としての出演だと思うので今みたいにそこまで存在感は感じなかったです…

しかし、この映画が彼にとって映画の初出演、そして初主演映画になってます。彼の映画はこの映画から始まりました。

 

 

 

 

黒須麻耶

もう引退している女優さんらしいです。昔は12歳でセブンティーンの読者モデルグランプリに合格して女優になったらしいですが2001年には引退しています。

ヒロインに選ばれるのだから当時は相当彼女に対して事務所も力を入れていた実力のあった女優さんだったのではないでしょうか?

まだ女優を続けていたら、だいたいの同世代にいる深田恭子広末涼子ラインに現在は立っていたのかなと想像が沸きます。

 

 

 

 

栗山千明

藤原竜也とは同年公開の「バトル・ロワイアル」でも同級生役で共演していますが今回は妹役で出演しています。

今回の映画では、存在感はあるのですが出演時間はそれほど長くありません。ミステリアスな映画なのでミステリアスな雰囲気にはぴったりですが。

現在の彼女はとてもきれいな顔だちになってますが、昔の彼女のエラが張っていて目力が凄く強い顔だちの頃の方が自分は特徴がしっかりとしていて好きでした。

この時代の彼女は、一回一回の出演の度に存在感が凄くあり、気になってしまう女優のイメージでした。だからこそタランティーノに認められて「キル・ビル」にも出演出来たのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

【映画】クローズEXPLODE ~人間的に最低の人の映画を観てみる~

 

 

東出昌大

 

 

2020年1月現在話題の人物です。何故話題かと言うと、杏と言う妻と3人の子供がいながらにして浮気を共演女優(唐田えりか)としてしまった事で話題の最低人間です。

見る限りは好感度だけは世間から高く浮気と言う言葉からもかけ離れているイメージでしたが、この浮気発覚後は状況が一転。現在放送中の「ケイジとケンジ~」の視聴率もがた落ち(自分は見てませんが…)で世間からはバッシングの嵐です。

彼のドラマや映画は今まで見たことがありませんでしたが、こんなこともあったのでちょっと見てみようと今回は、「クローズEXPLODE」をピックアップしました。Amazon primeで見れたので。

「ケイジとケンジ~」もあえて見てみようと考えてます!

問題の起こした芸能人のドラマなどは逆に見たくなってしまうタチで…

 

2014年4月12日公開 129分

出演…東出昌大早乙女太一勝地涼、岩田剛典、柳楽優弥永山絢斗

 

キャスト陣について

 

 

この映画公開までに受賞歴がある俳優が多いです。2014年までの受賞歴をピックアップすると

東出昌大…「桐島、部活やめるってよ」第36回日本アカデミー賞新人俳優賞

勝地涼…「亡国のイージス」第29回日本アカデミー賞新人俳優賞

柳楽優弥「誰も知らない」2004年カンヌ国際映画祭男優賞

永山絢斗…「ソフトボーイ」第34回日本アカデミー賞新人俳優賞

こんな所でしょう。

他にEXILE、当時3代目J Soul Brothers岩田剛典も映画デビューはこの作品からです。

 

 

感想

 

 

沢山の方々が言ってる通り東出昌大演技に起伏が感じられません。ずっと棒演技と言われても納得のいく演技でした。数多くの出演陣がいるなかでトップの役なのに全く個性が無く迫力が無い…

一番弱そうに見えるのですから…それでいて一番強い?違和感がありありです。

 

クローズの一番の見せ場は、対立する2組が入り交じってのケンカバトルです。過去2作品は、このシーンを見たいがためにクローズを観てました。このシーンが始まると過去2作はテンションが一気に上がってしまいました

しかし今回のクローズEXPLODEでは、このケンカバトルでテンションが上がりません…ここで見せることが出来なければクローズの評価も下がってしまいます。

最後にそれぞれのグループで一番弱そうに見える2人がてっぺん目指して闘っても何にも絵が映えません。

 

何故ここまで迫力が無いのかやはり主演の東出昌大に全てあるのかなと…(今おかれている彼の状況で先入観無しで抜きにしても)

彼の棒演技とヤンキーに似つかない顔と風貌全てがクローズに当てはまっていなく、周りの共演者達の個性に全て喰われてしまっていて一番地味なキャラになってしまってる為、強さも全く感じませんでした。

 

この作品から観るとわかりませんが、過去2作品を知っている人からするとかなり物足りない感が強く感じるのではないかなと思います。前作の2作は越えるレベルの物を作って行かないといけません。しかし、前作から高橋努・やべきょうすけが出演していたのは良かったと思います。

 

今は、爽やかイケメンのEXILE岩田剛典が何とワイルド過ぎる風貌で登場です。最初全く言われなければ気付かない位今と雰囲気が全然違います。気になる人はパッケージから探して見て下さい(笑)

 

 

一言言うと

ヤンキー映画は、主人公の個性が無いと迫力無し!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【映画】カイジファイナルゲーム どこがファイナルなのか?


f:id:sen0622:20200118210127j:image

2020年1月10日公開

出演、藤原竜也、新田真剣祐、吉田鋼太郎福士蒼汰

 

カイジファイナルゲームが公開され、期待を膨らましながら劇場へと足を運びました!観賞日が公開日の次の日でしたのでお客さんも沢山いました。

しかし正直な感想…実写版カイジのファンの方は、DVDがリリースされてからで十分間に合います!カイジとは似ても似つかない作品になってました。

 

自分は原作も好きでパチンコ沼までは読んでましたが、実写もギャンブルバトルは、大幅に原作より省略されているものの筋がしっかり通っており結末を知っていても手に汗握る展開になってましたが、今回はスリリングな展開を一切味わう事が出来ませんでした。

今までみたいに逆境にも立たされてないカイジはやはり緊張感のかけらも無くなってしまったのでしょうか…

カイジ=逆境と言うイメージがあり、1000万円でも今まではとても重たいお金の重みを伝えてくれました(LIAR GAMEなどは、あまりお金の重みを感じない)今回はそれも感じること無く最初から最後まで終わってしまった気がします。

 

ファイナルゲームを名乗るには素晴らしくない内容です。天海祐希生瀬勝久など前シリーズに出た出演者達を出すのは粋ですが使い方が勿体ない…

出演したのはいいですが、ほぼゲスト出演みたいなものなので実写ファンとしてはかなり物足りないです。

 

自分の思い描くファイナルゲームは、かつての宿敵利根川(香川照之)、一条(伊勢谷友介)のその後から始まり、そこに、坂崎(生瀬勝久)や遠藤(天海祐希)なども加わって全員で協力して最大の帝愛グループに挑むストーリーを壮大にやって欲しかったなと思ってました。まだまだいくらでも面白くする事が出来たはずですが…

香川照之伊勢谷友介を出さないのはファイナルではないです!全員が揃って初めてオールスターでファイナルでしょう。新キャラばかりのファイナルなら目に見えてどうなるかわかるでしょう…

 

宿敵の黒川(吉田鋼太郎)や高倉(福士蒼汰)もなんかちっちゃく絶望感を特に感じさせない役になってしまってました。別に彼らが悪いのではなく元の脚本のせいでしょう!

 

ちょっとネガティブな事ばかり書いてしまいましたが、藤原竜也ファンからするととても藤原竜也らしさやカイジ感満点で良かったですよ!

藤原竜也の舞台のような演技は、ファイナルゲームでも健在で彼の演技だけでも十分楽しむ事が出来るそんな映画でした。

 

キンキンに冷えてやがる~悪魔的だぁ~

 

はこの映画の中では一番の名台詞でしょう!

 

まとめると

カイジファンはDVDまで待つべし!藤原竜也ファンの為の映画という事です!

 

 

www.itosen06.com

 

 

www.itosen06.com