イトセンのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!

【ドラマ】悪魔の弁護人・御子柴礼二① ~いきなり5話から~

かなりドラマなど撮り溜めています。自分の録画しているのは、DVDレコーダーで古すぎです。ビデオと一体型なのでまだビデオも見れてダビング出来ます!DVD録画もバラバラに入っているので探すのも一苦労です・・・ちょこちょこっと見るたび順不同で上げていくので見ずらいかもです・・・

今回のドラマは

 

 

悪魔の弁護人・御子柴礼司

2019年12月7日~2020年1月25日放送

フジテレビ系列 全8話

視聴率推移

1話 3.4%  2話 3.3%  3話 3.2% 4話 2.1% 5話 2.9%

6話 2.8%  7話 2.3%  8話3.2%

 

 

あらすじ・出演者

凶悪な犯罪をおかした少年Aは、現在名前を変えて御子柴礼二と言う名前で弁護士になっていた。しかし、弁護士と言っても「どんな手を使ってでも無罪を勝ち取る弁護士」だった。彼は本当に悪魔に魂を売った弁護士なのか?それとも…二転三転の法廷ドラマです。

 

要 潤…御子柴 礼司 

【出演作品 シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う 2020年日テレ列 キングダム 2019年公開

ベッキー…日下部 洋子

【出演作品 ショムニ2013 2013フジ系 エイトレンジャー 2012年・2014年公開

津田寛治…岬恭平

【出演作品 警視庁捜査一課9係 テレ朝系  この道 2019年公開

 

 

見たのは5話から!

5話からいきなり見てしまいました。それはこのドラマは1話完結だと思い込んでいたのでどの回から見ても大丈夫だろうと見てみましたが続きでしたが、5話から見ても内容はざっくりわかりました。

深夜ドラマとは思えない位の圧倒的法廷の緊張感の展開でした。「どんな手を使っても無罪を勝ち取る」と聞いたのでとんでもないゲスな弁護士かと思いきやなかなかいい弁護士じゃん!と思ってしまいました。(あくまでも5話しか見てませんが…)

5話と言う中途半端な所から見た感じでは、共感が持てるヒーローって感じがしますね。法でどんな手も使って勝ち取るならまだいいのではないのでしょうか。賄賂など悪いことをしてまでの事では無かったので。

ダークヒーロー的な感じのドラマはどうしてもちょっと抵抗がありますが、意外とすんなり見ることが出来ました。一見クールな御子柴ですが、過去の罪にも悩まされている葛藤の描き方など濃厚なイメージがあります。1話から探しだして見ないといけないなぁと感じるドラマです。

 

要潤

彼は仮面ライダー出身俳優「仮面ライダーアギト」からです。彼が主演を張るドラマも初めてではないでしょうか?(間違っていたらスミマセン…)

いつもの彼は、脇にいて重要なキーパーソンを演じていると言うイメージが強いので。でも今回は、彼の持っている顔立ちがこの御子柴礼司と言うクールな役を引き出してくれています。

ちょっと惜しいのが、子供の頃の御子柴礼司は全然要潤の面影が無くリアリティーが少し無くなってしまったかな…と思います。

 

 

ベッキー

連続ドラマのレギュラー出演久しぶり何ですね。スポットでの出演はあるみたいですが、「ショムニ2013」が調べて見ると一番近いレギュラー出演になってるみたいですね。

彼女も色々ありましたからね…「東出チーム」の一員です。しかし2016年の話なので3年後の今はゲス不倫も忘れられつつありますね。東出昌大も3年後には、今回の騒動も忘れられるのかな?

と誰の話かわからなくなりますがベッキーに関してはこのドラマでは印象無しです。御子柴と言う男を演じる要潤に助けられています。彼がいるからこそ成り立っている役柄と言う感じてすね

 

 

何回も言いますが、あくまでも5話しか見ていないので・・・

随時見終わったら更新していきます。

 

 

 

【ドラマ】ケイジとケンジ①~例の報道後 2話3話と見てみた~

最近、資格勉強が忙しくなかなか更新出来ませんでしたが、終わるまではちょこちょこっと更新していきます(実際読んで頂いている方は全然いないと思いますが…)

今回は録り溜めしていたドラマからの紹介です。

 

 

 

 

ケイジとケンジ 所轄と地検の24時

 

(2020年1月冬ドラマ)

毎週木曜日21時~ テレビ朝日系列

現在までの視聴率推移

1話 12.0%  2話 9.7% 3話 10.3% 4話 8.3% 5話 9.3% 6話 9.9話

 

 

あらすじ・出演者

横浜を舞台に元体育教師の刑事の仲井戸豪太とエリート検事の真島修平が異色のバディとして事件の解決に挑んでいくドラマ。完全オリジナルストーリーです。

 

桐谷健太…仲井戸 豪太

【出演作品…4分間のマリーゴールド 2019年TBS系   ビジランテ 2017年公開

東出昌大…真島 修平

【出演作品…コンフィデンスマンJP 2018年フジ系   寝ても覚めても 2018年公開

比嘉愛未…仲井戸 みなみ

【出演作品…TWO WEEKS 2019年フジ系   コードブルー劇場版 2018年公開

 

 

 

感想 ~2話3話しか見てないですが…~

 

このドラマは正直自分の見るドラマリストには全く無いドラマでしたが東出昌大のスキャンダルがあったので2話からの拝見となります。

例の報道後よく東出昌大の作品を見てますが、「クローズEXPLODE」では、周りの出演者達に喰われてしまったと言うイメージしかありませんでしたが、このドラマ「ケイジとケンジ」では、この棒演技だからこそ役にはまってる感じがしました。

ちょっとしたダメ人間を演じると違和感の無い演技に見えます。演技のダメさ加減とこの役柄がピッタリとリンクしています(いい意味で)。この役柄は、彼にしか出来ない素晴らしい役だと思います。

なぜならW主演ですが最初から桐谷健太に喰われてしまっているからです。そこからちょこっと顔を出すように主役を一緒にすり抜けながら存在感を示していました。このドラマは静と動そのもので、桐谷健太が動、東出昌大が静となっていてピタリとはまっています

静と動の掛け合いも上手く両サイドからの視点を時にはシリアスに時にはコメディチックに見せてくれました。別に内容も悪く無く報道が悪影響を及ぼしてしまいましたね…

こういうシリーズで常に同じような場面が何回も見られるマンネリが懸念されますが色んな展開を見せてくれるなら問題無いと思います。

 

 

 

~桐谷 健太~

 

今一番脂が乗っている俳優ではないかなと感じます。彼を知ったのは「ルーキーズ」が最初でした。「ルーキーズ」の平塚役として頭のネジが一つ外れたような役柄でしたがすごいインパクトでした。

それからは何で彼を見ても平塚と言うイメージが先行していましたが、最近では、歌なども含めてマルチな個性派として活躍しています。

彼は、熱血漢溢れる役柄を演じさせるとより活きると思います。冷静で冷淡なキャラも見てみたい気がしますが。

 

 

 

~東出 昌大~

一気に話題の人としてでて来ました。彼は逆に熱血漢の役柄は似合わないです。「クローズEXPLODE」でそれが確実に証明されています。やはり演技から見るとダメ人間が私生活と同じ似合ってるような気がします。このまま、演技の起伏が無い役柄なら似合ってると思いますけど、もうドラマのオファーもなかなか来ないのかな…あと1・2年後位にまた姿が見れるのかなと感じてしまいます。

www.itosen06.com

 

 

 

比嘉愛未

かなりいい意味で、一番助演が似合っている女優さんだと思ってます。「コードブルー」や「最上の命医」でもわかるように、彼女がいるだけで出演者達が引き立つ、尚且つ彼女自身の存在感もアピールする事が出来てるが前に出過ぎる事は無い。必要不可欠な存在だと思います。彼女の常日頃の役の立ち位置からこのような存在になったものと思います。

コードブルーで言うと、「戸田恵梨香」や「新垣結衣」よりは、一歩引いている感じがしますが助演に徹することで需要はかなり高まるのではないかと思ってます。

 

 

 

総括として

以上の点から踏まえても、報道で不愉快でなければ全然楽しめるそんなドラマだと思ってます。

まだ見てない4話以降位から時系列的には、報道があったと思うので影響を及ぼさないような演技を俳優陣達には最低でも見せて欲しいですね!

 

 

 

 

 

【ドラマ】テセウスの船 絶対ネタバレ回避でいかないと!

毎話、毎話どのドラマでもそうですが感想を書くのが凄く難しいと悟りました…なのでドラマに対して感じることや思うことが出来たら次か次と書いていく事にします。

毎日ドラマの感想や想いを綴って書ける人凄く尊敬します!

毎日ネタ見つけることが大変ですからね(^_^;)

因みにもう見るの辞めたのは

火曜日21:00~ フジテレビ系 「10の秘密」

水曜日22:00~日本テレビ系「知らなくていいコト」

は録画だけにしました。

まだ見れていないのが

日曜日22:30~日本テレビ系「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う」

金曜日22:00~TBS系「病室で念仏を唱えないで下さい」

はまだ見れていません…

 

 

 

テセウスの船

 


f:id:sen0622:20200128015725j:image

今回は、日曜日21:00~ TBS系列で放送されている

テセウスの船

について書きたいなと思います。自分の中では今回の冬ドラマでNo.1の面白さだと悟りました!

 

出演・竹内涼真阿部亮平榮倉奈々ユースケ・サンタマリア

 

1話は11.1%  2話は11.2%です。

 

原作は漫画であるみたいですが、原作知らない人間としてはドキドキワクワクの展開が続きます。

「あなたの番です」を彷彿させるような、登場人物皆怪しい雰囲気が醸し出されてます。誰が犯人でもおかしくない描写が所々に散りばめられています。

イムループもので過去に戻り、殺人犯となっている父親の無実を証明しようと奮闘する物語。タイプループ物でサスペンスは結構万人受けしますよね。

藤原竜也出演の僕だけがいない街」も似たようなストーリーだった気がしますが、過去に戻る時は少年の姿に戻っていたはずです。

テセウスの船ではそのままの姿で過去に戻り、 自分の家族と触れ合うというもの 。

 

 

自分の予想

 

今回は流れを予想してみようと思いますが、

一番ストーリーとしてやってほしくないことは 心(竹内涼真)自体が犯人だということ それは避けて欲しいなと思います。

調べるがあまりに彼がこの事件の引き金を引いてしまっていたなんて事があるとバッドエンドでしょう…

 

逆に裏をかけば全員怪しく見える村人はシロで小学生が面白がりやってしまったなんてオチだったらかなりバッシングを浴びそうですよね…

そうするとお父さんが黙って捕まったのも理由がいくのかなとも考えたりしますね。

ずーっと昔放送していたドラマ「QUIZ」では小学生達が罪の意識もほとんど無しに犯人してた例もあるので…

 

自分の思い描くラストは過去を変えてしまったせいで、現代に戻ると死んでしまった妻は生きているが、過去を変えたせいで心と出会う事がなくなったので赤の他人になってしまった。心も家族と一緒に笑顔で進んでいく、と言うような流れになると予想だけしときます。

 

ちょっとバタフライエフェクトに似てるかもしれませんが…

切ないハッピーエンドでもとにかくハッピーエンドで終わって欲しいと思ってます。

因みに犯人予想は、木村さつき(麻生祐未)ではないかなと睨んでます。

 

考えれば考えるほど沼にはまりそうなので今度ゆっくり考察したいと思います。

 

総括

 

あなたの番ですと違う所は、原作があるのでネタバレが簡単に手に入ってしまうと言うところです。そして簡単に流してしまう人もいると言うところです。

あえてネタバレを見たい気持ちを抑えてドラマ見る葛藤と戦い最後まで見終わった時きっと満足感が得られる物だと思っています。

春まで毎週日曜日が楽しみで仕方なくなりました。

知らない人の考察も色々見たいと思ってますが、ネタバレにヒットしたら困るしな~と思いながら過ごしてます。

キャスト陣では、榮倉奈々もすっかり母親役でも違和感無くなって来ましたね!実際にも母親ですしね。

もう一人、霜降り明星せいやは、ものまねが上手いので物語に入り込むのも上手いです。「絶対零度」の粗品と違い物語そのものに溶け込んでいるような気がします。

このドラマは最後まで楽しめそうです!

 

最後に一言

ネタバレを見ないで最後まで見た時達成感とハッピーエンドが付いてくるハズ!

 

 

 

 

 

 

【映画】クローズEXPLODE ~人間的に最低の人の映画を観てみる~

 

 

東出昌大

 

 

2020年1月現在話題の人物です。何故話題かと言うと、杏と言う妻と3人の子供がいながらにして浮気を共演女優(唐田えりか)としてしまった事で話題の最低人間です。

見る限りは好感度だけは世間から高く浮気と言う言葉からもかけ離れているイメージでしたが、この浮気発覚後は状況が一転。現在放送中の「ケイジとケンジ~」の視聴率もがた落ち(自分は見てませんが…)で世間からはバッシングの嵐です。

彼のドラマや映画は今まで見たことがありませんでしたが、こんなこともあったのでちょっと見てみようと今回は、「クローズEXPLODE」をピックアップしました。Amazon primeで見れたので。

「ケイジとケンジ~」もあえて見てみようと考えてます!

問題の起こした芸能人のドラマなどは逆に見たくなってしまうタチで…

 

2014年4月12日公開 129分

出演…東出昌大早乙女太一勝地涼、岩田剛典、柳楽優弥永山絢斗

 

キャスト陣について

 

 

この映画公開までに受賞歴がある俳優が多いです。2014年までの受賞歴をピックアップすると

東出昌大…「桐島、部活やめるってよ」第36回日本アカデミー賞新人俳優賞

勝地涼…「亡国のイージス」第29回日本アカデミー賞新人俳優賞

柳楽優弥「誰も知らない」2004年カンヌ国際映画祭男優賞

永山絢斗…「ソフトボーイ」第34回日本アカデミー賞新人俳優賞

こんな所でしょう。

他にEXILE、当時3代目J Soul Brothers岩田剛典も映画デビューはこの作品からです。

 

 

感想

 

 

沢山の方々が言ってる通り東出昌大演技に起伏が感じられません。ずっと棒演技と言われても納得のいく演技でした。数多くの出演陣がいるなかでトップの役なのに全く個性が無く迫力が無い…

一番弱そうに見えるのですから…それでいて一番強い?違和感がありありです。

 

クローズの一番の見せ場は、対立する2組が入り交じってのケンカバトルです。過去2作品は、このシーンを見たいがためにクローズを観てました。このシーンが始まると過去2作はテンションが一気に上がってしまいました

しかし今回のクローズEXPLODEでは、このケンカバトルでテンションが上がりません…ここで見せることが出来なければクローズの評価も下がってしまいます。

最後にそれぞれのグループで一番弱そうに見える2人がてっぺん目指して闘っても何にも絵が映えません。

 

何故ここまで迫力が無いのかやはり主演の東出昌大に全てあるのかなと…(今おかれている彼の状況で先入観無しで抜きにしても)

彼の棒演技とヤンキーに似つかない顔と風貌全てがクローズに当てはまっていなく、周りの共演者達の個性に全て喰われてしまっていて一番地味なキャラになってしまってる為、強さも全く感じませんでした。

 

この作品から観るとわかりませんが、過去2作品を知っている人からするとかなり物足りない感が強く感じるのではないかなと思います。前作の2作は越えるレベルの物を作って行かないといけません。しかし、前作から高橋努・やべきょうすけが出演していたのは良かったと思います。

 

今は、爽やかイケメンのEXILE岩田剛典が何とワイルド過ぎる風貌で登場です。最初全く言われなければ気付かない位今と雰囲気が全然違います。気になる人はパッケージから探して見て下さい(笑)

 

 

一言言うと

ヤンキー映画は、主人公の個性が無いと迫力無し!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップナイフ~天才脳外科医の条件~ 1話・2話 全てがブレブレで核心が掴めない


f:id:sen0622:20200119214458j:image

22:00~毎週土曜日、日本テレビ系列で1月11日からスタート、

トップナイフ~天才脳外科医の条件

がスタートしました。

 

出演、天海祐希広瀬アリス永山絢斗椎名桔平三浦友和

 

1話の視聴率は13%でした。

 

登場人物達の人物像がとても掴みにくい印象です…

主演の深山(天海祐希)からしてどんな人間か全く確立されていない様な状態だと感じます。

新人の研修医の小机(広瀬アリス)失敗してもすぐヘラヘラしていて、あまり共感が持てなく医療ドラマとしての緊張感を皆無なものにさせてくれてます。彼女のせいでシリアス路線かコメディ路線かわからなくなってるのもあります。

続いて自称天才の西郡(永山絢斗)は最初からタメ口がなぜかすごい嫌悪感あります…そして違和感ありありです。こんな感じのキャラクターは一目置きたくなる存在なのですが、あんまり感じませんね。

黒岩(椎名桔平)は、世界の黒岩と呼ばれるほどの実力者ですが、女が大好き。でも、しっかりと脳の事は理解しているようですが掴み所のないキャラクターでスイッチのメリハリが無さすぎる気がしました。

 

自分から言わせると全く共感の持てない登場人物達でリアルとはほど遠い世界だと感じます。脚本がコードブルーの脚本家、演出が女王の教室の演出家と最強の布陣のはずなのにブレブレに感じるのは何ででしょう?

 

脳は医学的にも解明されていない部分という事でもう少しシリアスな展開を期待していたのですが、シリアスとコメディのどっちつかずにしか見えません。続きを早く見たい!という感じには正直なりませんが、一旦見るとなぜか最後まで引き込まれて見てしまう不思議な魅力もあるドラマであることも言えます。

 

メンバー誰かがピックアップされて主役級のストーリーが用意されていると思いますが今のところは、別にワクワクすると言うような事は特に感じません。今のところは、義務で見てるにしか過ぎませんので4話位までで見るのやめてしまう候補になってしまいました

続きが見たいと感じるワクワク感を感じたいです!

 最後に

2話は、とてもいいお話で自然に涙がでてしまった事実もここにあります。

 

 

 

 

 

 

 

【映画】カイジファイナルゲーム どこがファイナルなのか?


f:id:sen0622:20200118210127j:image

2020年1月10日公開

出演、藤原竜也、新田真剣祐、吉田鋼太郎福士蒼汰

 

カイジファイナルゲームが公開され、期待を膨らましながら劇場へと足を運びました!観賞日が公開日の次の日でしたのでお客さんも沢山いました。

しかし正直な感想…実写版カイジのファンの方は、DVDがリリースされてからで十分間に合います!カイジとは似ても似つかない作品になってました。

 

自分は原作も好きでパチンコ沼までは読んでましたが、実写もギャンブルバトルは、大幅に原作より省略されているものの筋がしっかり通っており結末を知っていても手に汗握る展開になってましたが、今回はスリリングな展開を一切味わう事が出来ませんでした。

今までみたいに逆境にも立たされてないカイジはやはり緊張感のかけらも無くなってしまったのでしょうか…

カイジ=逆境と言うイメージがあり、1000万円でも今まではとても重たいお金の重みを伝えてくれました(LIAR GAMEなどは、あまりお金の重みを感じない)今回はそれも感じること無く最初から最後まで終わってしまった気がします。

 

ファイナルゲームを名乗るには素晴らしくない内容です。天海祐希生瀬勝久など前シリーズに出た出演者達を出すのは粋ですが使い方が勿体ない…

出演したのはいいですが、ほぼゲスト出演みたいなものなので実写ファンとしてはかなり物足りないです。

 

自分の思い描くファイナルゲームは、かつての宿敵利根川(香川照之)、一条(伊勢谷友介)のその後から始まり、そこに、坂崎(生瀬勝久)や遠藤(天海祐希)なども加わって全員で協力して最大の帝愛グループに挑むストーリーを壮大にやって欲しかったなと思ってました。まだまだいくらでも面白くする事が出来たはずですが…

香川照之伊勢谷友介を出さないのはファイナルではないです!全員が揃って初めてオールスターでファイナルでしょう。新キャラばかりのファイナルなら目に見えてどうなるかわかるでしょう…

 

宿敵の黒川(吉田鋼太郎)や高倉(福士蒼汰)もなんかちっちゃく絶望感を特に感じさせない役になってしまってました。別に彼らが悪いのではなく元の脚本のせいでしょう!

 

ちょっとネガティブな事ばかり書いてしまいましたが、藤原竜也ファンからするととても藤原竜也らしさやカイジ感満点で良かったですよ!

藤原竜也の舞台のような演技は、ファイナルゲームでも健在で彼の演技だけでも十分楽しむ事が出来るそんな映画でした。

 

キンキンに冷えてやがる~悪魔的だぁ~

 

はこの映画の中では一番の名台詞でしょう!

 

まとめると

カイジファンはDVDまで待つべし!藤原竜也ファンの為の映画という事です!

 

 

www.itosen06.com

 

 

www.itosen06.com

 

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~1話・2話 粗品頑張ってくれ!君次第だ!


f:id:sen0622:20200114214508j:image

2020年1月6日スタート

 

出演・沢村一樹、本田翼、横山裕柄本明水野美紀

 

初回の視聴率は、10.6%でした。

初回としてはまあまあだと思いますが、昔の月9を考えると少ないですが…

現在は月9と言う概念は今はないですけどね。

2話の視聴率は、10.7%です。

 

シーズン3から絶対零度シリーズの主演が上戸彩から沢村一樹に変わりました。シーズン4でもそのまま継続沢村一樹です。

 

シリーズ続投は、井沢(沢村一樹)・山内(横山裕)・小田切(本田翼)はミハン続投で、新メンバーに吉岡(森永悠希)・加賀美(柄本明)・統括責任者として香坂(水野美紀)が加わっています。

 

前作は、ミハンの説明から桜木(上戸彩)絡みで第3シリーズ進みましたが、今回は井沢が中心の物語展開とどう視聴者側にマンネリ無く見せるかがカギを握ります

今回のシリーズ冒頭でいきなり井沢が女性を撃ってしまったのではないかと思う意味深のシーンからスタートしてます。が…正直自分の感想は、冒頭に意味深のシーンを流す位なのだからしっかりとしたストーリーを望みます。徐々に展開が明かされていますが、どうせならこのシーンから沢村一樹の逃亡劇のストーリーでスリリングな絶対零度始まって欲しかった気もしますけど…

後に引っ張るほど完成形を持って来ないといけませんがこの手法は上手くいくのでしょうか?どうせなら「あなたの番です」の時にはやった考察系だと少し盛り上がるのかもしれませんね。

 

最初の相関図を見た際にホワイトハッカーに加賀美演じる柄本明が入ってましたが想像出来なかったですが、十分といっていいくらい様になってます。

彼の独特の存在感がそう見せてくれています。1話では、シーズン3の時のレギュラーの南(柄本時生)と親子共演もしてました。

 

ちょっとのシーンしか出て来ないですが、高杉真宙の存在感も。

彼は今後、物語の重要人物として登場すると思います。

北見(上杉柊平)…香坂と一緒に派遣されてきた人物、

門田(粗品)…第一課の刑事

この2人もちょっと怪しい気がします。

粗品に至っては違和感ありありです。粗品としか感じません。ちょっと売れているからと言ってすぐドラマに芸人を出してもリアリティーが薄れてしまいます。重要な役割であるならば尚更しっかりと役を演じてもらいたいです。

 

トレースの時の千原ジュニアも重要な役割でありながら千原ジュニアにしか見えず最後が台無しになったと感じたのでお笑い芸人の重要な使いどころも少しは考えないといけませんね。

 

「僕がまた一線を越えたら撃っていいから」

物語の今後を表す重要な言葉ですね。

 

まだまだ期待はできるドラマだと思ってます。

 

 

 

 

 

 

【SPドラマ】教場 後編 総括…まだまだ見たくなる位が丁度良い


f:id:sen0622:20200109222044j:image

2020年1月5日(日)放送

 

前編の感想でも書きましたが、木村拓哉ホントに素晴らしいです!全く最後までキムタクだと思わす事無く演技を続けてました。

後編は、前編の闇に比べると少し軽いですが警察官になるために覚悟を持たないといけない事が伝わって来ます。

ちょっと調べてみましたが、このドラマで行われてる事が現実の警察学校でも行われてるみたいです。ドラマの方がまだ美化されているみたいなので現実は…と思うと凄まじい事になってそうです…

こんな軍隊レベルの試練をくぐり抜けてるのだから平然と犯罪者に立ち向かって行けるわけですよね。

 

自分が思うには、木村拓哉の他に大島優子・三浦翔平も演技の殻を破った様にも感じました。

大島優子は、元AKBと言う名前が付いて回っていて演技がなぁ…と自分はいつも思ってましたが、ちょっと姿をみない間にだいぶ変わりましたね。立派な女優の顔をしていて演技もしっかりと「楠本しのぶ」を演じてました。今後のドラマにも注目ですね。

三浦翔平もいつもチャラいイメージしかありませんでしたが、今回は真面目なキャラを演じており好感が持てました。

 

生徒役で一番凄かったのは、林遣都でしょう。前編にしか出て来ませんでしたがインパクトを残してくれました。

林遣都は、出るドラマで全部キャラが違い林遣都と言う役者ではなくその役そのものに見えるのですごい俳優です。

HIGH&LOWでは5つのグループの内一つのグループのギャングのボスを演じ、リーガルVでは弱々しい弁護士、今回は劣等感を持ちながら警察学校に通う生徒を演じていてまさにカメレオン俳優にふさわしい演じっぷりでした。

 

前編・後編通してホントに濃くおもしろい2日間のドラマでしたが、続編もみたい気もしますがこれは満足度が高いままここで終わらせるのが一番良いと思います。

次回の生徒役も豪華メンバー!まだまだ続きを作りたそうな雰囲気で終わりそうでしたが続きを作ってしまうといつかマンネリ化や飽きが来てしまい、だんだん評価が下がって来てしまうと思います。キムタク演技も高評価で終わっているので是非ここまでにしてほしいです。食事と同じで腹八分で押さえておくのが一番評価も下がらず、今後のストーリー展開は視聴者に任せる方が今回はピッタリだと思います。

最近みくびってるからかもしれませんが、フジテレビのドラマにしてはすごく堪能できたドラマなのでこれで終わるのが一番だと思います。

続編が万が一出ても見てしまうと思いますが、出来れば素晴らしいドラマだったと言う余韻で終わって欲しいなと感じました。

 

 

www.itosen06.com

 

 

 

【SPドラマ】教場 前編 木村拓哉の新境地をここに見た


f:id:sen0622:20200105163850j:image

2020年1月4日(土)放送

フジテレビ開局60周年ドラマです。

 

主演が木村拓哉で警察学校の教員と生徒の話ですが、脇を固める生徒役も主役張れるキャストばかりです。

工藤阿須加・三浦翔平・川口春奈林遣都大島優子などが生徒役としてメンバーにいます。

 

 

グランメゾン東京の後のこのキムタクドラマ違和感ありありかなと思いきや一瞬にして引き込まれました木村拓哉と言う人物から考えて別人?と思うくらいの威圧感と緊迫感(いつも後輩にやってる圧のかけ方とは別)がひしひし伝わって来ました。

口数は少ないものの言葉は一つ一つに意味と緊張感を持たせる明らかに新境地です。

役柄の雰囲気は全く違いますが自分は2番手に煎じて回りのキャラクターを引き立たせる彼の起用方法は、グランメゾン東京と似ているかもしれません。

 

警察学校が舞台となっているのもあり警察学校自体も緊張感があるものなのでキムタクのキャラと併せて見てるこっち側もドキドキしてしまいます。

警察学校と言うのは、これがリアルなのでしょうか?まるで軍隊のような、一般企業で言ったらパワハラみたいなものが繰り広げられているのかな?と感じてしまいましたが、この試練を乗り越えているからこそ警察官は犯罪者に対して臆する事無く平然に対応できるのかもしれませんね。

警察官目指す人は覚悟が必要です!

 

 

生徒一人一人の闇に向き合い自分のやり方でどんどんふるいにかけていく風間(木村拓哉)生徒達の絡みがテンポよく進んでいくのであっという間の2時間でした。正直4時間ぶっ続けでも見ることが出来ます。

濃すぎて疲れるけど面白いドラマです。連続ドラマでもいいかもしれませんが、2時間ドラマだからこその内容の濃さもあるかもしれませんね。

 

あんまり2時間のSPドラマはリアルタイムで見ることなかったですが、グランメゾン東京の流れで木村拓哉見てみようと思って正解でした!

後編からでもいいので是非みてない方にはオススメします。