Nessのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!毎週日曜日18:00に映画のレビューは更新目指します!

【映画】億男 ~出演者たちの演技が立っている~

億男

 

2018年10月19日 日本公開

 

 

キャスト・あらすじ

キャスト

大倉 一男・・・佐藤 健【2018年 いぬやしき 義母と娘のブルース TBS系列 夏ドラマ】

古河 九十九・・・高橋 一生【2018年 空飛ぶタイヤ 僕らは奇跡でできている フジテレビ系列 秋ドラマ】

 

あらすじ

兄の借金の保証人になってしまい3,000万円の借金を背負ってしまってしまった一男(佐藤健)は、借金返済の為に妻と別居で家族バラバラの生活をしていたが、ふと商店街の福引で当たった宝くじが3億円の宝くじになってしまう。急な大金が入りお金の使い道を考えていたところ、学生時代の親友・九十九(高橋一生)を訪ねる。九十九は「バイカム」という会社を起業して大成功していた億万長者だった。九十九と一緒に壮大なパーティーを行い酔いつぶれていた一男は、朝目覚めると3億円と一緒に九十九も消えていた。一男は九十九の行方を探し始める。九十九の行方とは?お金を持っていった真の目的とは?

 

この原作は来る」「何者」「怒りなどの映画プロデューサーであり小説家でもある川村元気さんの長編小説を実写化したもので、雑誌「BRUTUS」で連載されていました。他の小説の実写化に「世界から猫が消えたなら」も彼の作品となっています。

メガホンを握るのは「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督で、るろうに剣心と同様佐藤健とタッグを組みます。

他の共演者として北村一輝沢尻エリカ藤原竜也が九十九の元同僚として出演しており、黒木華が一男の妻として出演しています。結構役者陣も豪華な映画となっています。

 

 

出演者たち

佐藤健の今回の立ち位置はかなり地味な役柄を演じています。主演だけど佐藤健を目立たせること無く他共演者を完全に個性的なキャラクターとして魅せそして活かしています。この主演よりも共演者が活きている感じは【「グランメゾン東京」2019年 TBS系列 木村 拓哉主演】を思い出させてくれました。

高橋一生の演技は今回は吃音症を患っている役柄でしたがしっかりと演技の為に研究しているような様子が見受けられました。【「岸辺露伴は動かない」2020年や現在放送中のドラマ「天国と地獄~サイコな2人」など高橋一生だけど高橋一生でない細かい演技に魅せられます。山田孝之みたいな全く別人に見えるカメレオンとは違い、高橋一生に見えるけどそうでは無い、内面のカメレオン俳優の様に感じます。

藤原竜也北村一輝も個性的なキャラを演じており、北村一輝は関西弁を話VIPルームで競馬を楽しむ男を演じ、藤原竜也は表向きはセミナーを主催する実業家ですが、裏では怪しい団体の教祖をお金をだまし取る目的で演じている役をしています。

北村一輝は、あまり観た事が無い役柄でちょっとコメディかかっているような雰囲気で、現在「天国と地獄~サイコな2人~」を視聴している人にとっては目新しい感じにも見えるのではないでしょうか?藤原竜也は、彼の演技自体が妙にはまっている感じなので藤原竜也そのままですが、妙な演説と説得力は藤原竜也堺雅人くらいしかこの雰囲気はだせないでしょう。

 

 

総括

この映画は宝くじの賞金3億円を軸に展開されますが、お金の価値観は人それぞれ違う事が、それぞれの登場人物により垣間見る事ができますが、この価値観はあくまでも使っても無くならないお金を持っている人たちの価値観で、私を含め多数の人たちはなかなかお金に関してや登場人物、この話の内面に対しては感情輸入や共感しずらい物語ではないかなと感じます。それでも現実社会でも人それぞれ価値観が違うのでお金について見直すきっかけを与えてくれる作品になっていると思います。

先ほども少し書かせていただきましたが、この映画はストーリーの流れと合わせて俳優の演技を楽しむ作品ではないかと思います。

 

2021年2月28日現在Amazon primeで配信されています。評価は、yahoo映画 3.3、映画.com 3.1、Filmarks 3.3となっています。