Nessのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!毎週日曜日18:00に映画のレビューは更新目指します!

【映画】闇金ドッグス7 ~闇金を離れた男の行く末は~

闇金ドッグス7

 

2017年9月2日劇場公開

 

 

キャスト・あらすじ

キャスト

須藤司・・・青木玄徳

安藤忠臣・・・山田裕貴【2017年 トモダチゲーム劇場版

石垣エマ・・・逢沢りな

 

あらすじ

以前追い詰めて死なせてしまった債務者の事が忘れられず、ラストファイナンスを辞めた司(青木玄徳)は、次の仕事のあても無く、金も無くふらつき歩いていた所、キャバクラのボーイの仕事を見つけ働き始める。そこで働いているホステスのエマ(逢沢りな)とちょっとしたきっかけで仲良くなった司は、エマの抱えている秘密を知る事になる。

一方、司を失った忠臣(山田裕貴)は、司に代わる従業員を雇うため、求人を出したりと奔走していた。

 

 

 

総括

今回は青木玄徳演じる司が主演の回になります。

闇金で働いているとはいえ鬼になりきれなく、どちらかというと一般人に近い人間味あふれている司が「闇金ドッグス5」からの苦悩をいかに脱却するのかという所が見どころになります。

彼も実は見えないところで、法律の知識をしっかりと付けていた様な描写も出てくるので、忠臣と同様成長していた訳ですね。

 

いつも司の主演の回でもおいしい所は必ず持っていく山田裕貴演じる安藤忠臣ですが、今回は違った見方で観てみると求人を一生懸命している姿がコミカルに見えてしまいます。鬼がちょっと一般人らしい事するだけで面白く見えてしまうのもこの「闇金ドッグス」の魅力でもあります。

 

今回は学生の奨学金の闇というものも語られてました。

映画を観ている限りでは、未来を夢見ていた学生が卒業後は奨学金の返済に終われ返済が遅れると利息が追加、それでもダメなら裁判されるようなことが語られてます。

色々考えさせられますね・・・・

何事でもしっかりとお金を借りる時は、その場しのぎで借りるのではなく契約書を読んだうえで返済計画を立てた上で借りないと人生が破滅してしまうという事が伝わる回でした。

 

司の主演の回の「闇金ドッグス3」「闇金ドッグス5」「闇金ドッグス7」は感情輸入がしやすいような流れになっていますね。

最初はどうしようも無い男だと思っていましたが、考え方や人間的に変わっていく姿が毎回感じられます。

今回の須藤司はカッコいいと思います!

一見ちょっと切なく終わる感じですが、未来が見える終わり方なので今後も見てみたくなりました。

 

www.itosen06.com

 

www.itosen06.com

 

www.itosen06.com

 

 

 

 

2021年6月27日現在、Netflixで配信されており、Amazonprimeでは配信されていません・・・

評価は、yahoo映画3.5、映画.com3.5、Filmarks3.5となっております。

 「闇金ウシジマくん」や「ミナミの帝王」みたいに専門用語が出て来た時にちょっとテロップを流してくれたら、更にわかりやすいのになぁとこの闇金ドッグスには感じてしまいます。あくまでも要望で内容は面白いですよ!