Nessのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!

【映画】カイジ人生逆転ゲーム ファイナルゲーム公開ということで振り返ってみる

 


f:id:sen0622:20191108210329j:image

 

公開日 2009年10月10日

キャスト 藤原竜也天海祐希香川照之山本太郎松山ケンイチ

 

 

あらすじ

 

友人の借金の保証人になってしまったカイジ藤原竜也は、借金取に追われることになる。返済能力の無いカイジは、金融会社の女社長、遠藤(天海祐希)に言われるがままに借金がチャラになるギャンブルクルーズ「エスポワール」に乗り込む事に。ここから人生を逆転の物語が始まる。

 

 感想

 藤原竜也=カイジのイメージが根強くなった作品であることは、間違いないと思います。それと共にキャストも豪華です。

デスノート藤原竜也とコンビの松山ケンイチ

今では政治家、れいわ新撰組山本太郎

そして天海祐希香川照之となかなか今では共演しないようなキャストばかりです。

ちょいと吉高由里子も出てますが、このころはまだそこまで有名ではなかったと思います。結構レアかも。

 

原作をベースに再現されています。

原作よりは、各ギャンブルちょっと短めでほぼやってる事は変わりませんが原作の方がまだまだ極悪非道です。

ここで色んな名言も飛び出します!

「勝たなきゃゴミだ!」

「金は命より重い!」

「悪魔的だ~」

カイジ利根川(香川照之)で語録が出来る位のペースで飛び出します。

 

1000万の勝負で「金は命より重い!」利根川に言われる事で金の重みがひしひしと伝わります。1000万の為に命を賭けるのです。

因みにLIAR GAMEは、一人1億円のギャンブルですが残るは借金だけ、カイジの方がハイリスク過ぎます。LIAR GAMEも戦略とかが面白いんですが、カイジはお金の生々しさが伝わります。別にLIAR GAMEを悪く言うつもりはありませんが、額は少なくてもお金の重みがすごいんです!

最終ステージのギャンブルでは、藤原竜也香川照之の心理戦。2人の心の中の声だけで演じていますが表情の作り方が凄く上手い!鬼気迫る表情など全て顔と行動だけで演技を行ってます。緊張感がすごく感じられる最終ステージは、見所だらけです。

 

主題歌はYUIの「It's all too much」です。

当時はこの歌カイジで聞いて大好きな曲でした。

 

登場ギャンブル

 

「限定ジャンケン」・・・渡された12枚のジャンケンカードと星バッジ3つ30分以内にカードを使いきり星を3つ以上残せば勝ち、残せなければ地下強制労働行き

「ブレイブメンロード」・・・高層ビルの上に架かっている鉄骨2本それぞれ鉄骨を渡り切ることができれば大金が手に入るが、落ちれば即死のゲーム。

「Eカード」・・・奴隷側と皇帝側に分かれる。

奴隷は、奴隷1枚、市民4枚のカードを持つ。

皇帝は、皇帝1枚、市民4枚のカードを持つ。

互いに同時にカードを出していきどちらかが役で勝つまで続く。

市民=市民 皇帝>市民 市民>奴隷 奴隷>皇帝、のカードの強さになる。

皇帝側は5分の4の確率で勝ち、奴隷は5分の1の確率で勝ちとなる。

当然奴隷側で勝つと倍率も高く10倍となる。 

 

Eカードは文章で説明するのが難しいです・・・

 

 

簡単なネタバレ

 

下へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. エスポワールへ行く
  2. 限定ジャンケン始めるが、協力者石田(光石研)のミスにより一緒に地下労働へ
  3. ブレイブメンロードへ参加
  4. 石田落下、佐原(松山ケンイチ)最後までたどり着くがドアを開けた時の突風で落下。カイジ一人が渡り切る。
  5. 利根川とEカード勝負
  6. カイジ負けるが遠藤に5000万借りて再戦
  7. カイジの勝利。5億手にする
  8. 遠藤に5億取られてしまう