Nessのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!毎週日曜日18:00に映画のレビューは更新目指します!

【映画】22年目の告白~私が殺人犯です~  ~藤原竜也の演技が光る。藤原竜也×伊藤英明~

22年目の告白~私が殺人犯です~

 

2017年6月10日劇場公開

 

 

キャスト・あらすじ

キャスト

曾根崎 雅人・・・藤原 竜也

【2016年 僕だけがいない街  2017年 リバース TBS系列 春ドラマ】

牧村 航・・・伊藤 英明

【2016年 テラフォーマーズ  僕のヤバイ妻 フジテレビ系列 春ドラマ】

仙堂 俊雄・・・仲村 トオル

【2016年 64-ロクヨン-  家売るオンナ 日本テレビ系列 夏ドラマ】

 

あらすじ

世の中を震撼させた5件の連続絞殺事件が時効を迎え迷宮入りになってしまったが、犯行から22年後に犯人と名乗り出た曾根崎雅人(藤原竜也)は自身の犯行の告白本を出版してベストセラーとなり、時の人となり世間の注目を浴びるようになる。刑事の牧村航(伊藤英明)はこの事件を追っていた刑事の一人だったが曾根崎が出会うと牧村を挑発するような行動を次々と取る。

そんな中フリージャーナリストの仙堂(仲村トオル)は、曾根崎と牧村の対談をスタジオで実現させることに成功する。スタジオで語られる真実とは一体・・・そして、この事件の全貌とは?

 

監督は「AI崩壊」「ビジランテ」そして日本テレビで最近記憶に新しいドラマ「ネメシス」を手掛けた入江悠監督がこの映画のメガホンを握ります。

そして韓国映画の「殺人の告白」のリメイクとなっています。

 

www.itosen06.com

 

主題歌

感覚ピエロ「疑問疑答」

 

 

総括

出演者

藤原竜也の演技は「藁の楯」でも魅せてくれたような人を小バカにするような憎たらしい役も上手です。今回は憎たらしい演技を魅せてくれます。カイジ」だけではない事を証明してくれます。今回の作品に至っては、藤原竜也が共演者を全て喰ってしまったと言ってもいいくらい彼の演技が光っていました。

ほかの出演者として、牧村の妹に石橋杏奈と婚約者に野村周平。事件の遺族として夏帆が、曾根崎のマネージャーとして松本まりかというキャストで脇が固められています。

 

 

感想

先ほども書いたように藤原竜也の演技が光っていた作品です。曾根崎は予告を観る限り完全に胸糞悪い人物ではありますが、物語が進むにつれて彼の見方も180°変わってしまう位の衝撃を受けます。

この物語自体2部作って感じでわかれているあのように視聴者自身の感情も2回揺さぶられるはずです。怒涛のどんでん返し要素の詰まった作品に思えます。

サスペンスとしてもしっかりと伏線も回収しており物語自体の収まり方もすっきりとしていると思います。結末を知った後にもう一度観ると違った視点で楽しめそうです。

韓国版の「殺人の告白」はどのような結末を迎えているのかが気になります。

 

 

藤原竜也作品

 

www.itosen06.com

 

www.itosen06.com

 

www.itosen06.com

 

 

2021年8月5日現在、Netflixでは配信されていますが、Amazon primeでは配信されていません・・・

評価は、yahoo映画3.9、映画.com3.7、Filmarks3.6となっています。