イトセンのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!

【SPドラマ】教場 後編 総括…まだまだ見たくなる位が丁度良い


f:id:sen0622:20200109222044j:image

2020年1月5日(日)放送

 

前編の感想でも書きましたが、木村拓哉ホントに素晴らしいです!全く最後までキムタクだと思わす事無く演技を続けてました。

後編は、前編の闇に比べると少し軽いですが警察官になるために覚悟を持たないといけない事が伝わって来ます。

ちょっと調べてみましたが、このドラマで行われてる事が現実の警察学校でも行われてるみたいです。ドラマの方がまだ美化されているみたいなので現実は…と思うと凄まじい事になってそうです…

こんな軍隊レベルの試練をくぐり抜けてるのだから平然と犯罪者に立ち向かって行けるわけですよね。

 

自分が思うには、木村拓哉の他に大島優子・三浦翔平も演技の殻を破った様にも感じました。

大島優子は、元AKBと言う名前が付いて回っていて演技がなぁ…と自分はいつも思ってましたが、ちょっと姿をみない間にだいぶ変わりましたね。立派な女優の顔をしていて演技もしっかりと「楠本しのぶ」を演じてました。今後のドラマにも注目ですね。

三浦翔平もいつもチャラいイメージしかありませんでしたが、今回は真面目なキャラを演じており好感が持てました。

 

生徒役で一番凄かったのは、林遣都でしょう。前編にしか出て来ませんでしたがインパクトを残してくれました。

林遣都は、出るドラマで全部キャラが違い林遣都と言う役者ではなくその役そのものに見えるのですごい俳優です。

HIGH&LOWでは5つのグループの内一つのグループのギャングのボスを演じ、リーガルVでは弱々しい弁護士、今回は劣等感を持ちながら警察学校に通う生徒を演じていてまさにカメレオン俳優にふさわしい演じっぷりでした。

 

前編・後編通してホントに濃くおもしろい2日間のドラマでしたが、続編もみたい気もしますがこれは満足度が高いままここで終わらせるのが一番良いと思います。

次回の生徒役も豪華メンバー!まだまだ続きを作りたそうな雰囲気で終わりそうでしたが続きを作ってしまうといつかマンネリ化や飽きが来てしまい、だんだん評価が下がって来てしまうと思います。キムタク演技も高評価で終わっているので是非ここまでにしてほしいです。食事と同じで腹八分で押さえておくのが一番評価も下がらず、今後のストーリー展開は視聴者に任せる方が今回はピッタリだと思います。

最近みくびってるからかもしれませんが、フジテレビのドラマにしてはすごく堪能できたドラマなのでこれで終わるのが一番だと思います。

続編が万が一出ても見てしまうと思いますが、出来れば素晴らしいドラマだったと言う余韻で終わって欲しいなと感じました。

 

 

www.itosen06.com