Nessのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!毎週日曜日18:00に映画のレビューは更新目指します!

【映画】貞子vs伽椰子 ~ついにJホラー2大巨塔がぶつかり合う~

貞子VS伽椰子

 

2016年6月18日劇場公開

 

 

キャスト・あらすじ・主題歌

キャスト

倉橋 有里・・・山本 美月

【2016年  少女 臨床犯罪学者 火村英生の推理 日本テレビ系列 冬ドラマ】

高木 鈴花・・・玉城 ティナ

【2016年 暗黒女子

常盤 経蔵・・・安藤 政信

【2016年 闇金ウシジマ君 ザ・ファイナル   2017年 コードブルードクターヘリ緊急指令season3 フジテレビ系列 夏ドラマ】

 

あらすじ

女子大生の有里(山本美月)は友達の夏美(佐津川愛美)にビデオのダビングを頼まれるが、購入したビデオデッキの中に入っていた呪いのビデオで夏美が呪いにかかってしまう。呪いの解除方法を探しているうちに自らも夏美を助ける為に呪いにかかってしまい、そこに現れた霊能力者の経蔵(安藤政信)と出会う。

一方で高校生の鈴花(玉城ティナ)は、入ったら呪われて死んでしまう家に入ってしまい家の呪いがかかってしまう。

それぞれの別の呪いにかかった2人を助けるべく経蔵は互いの呪いをぶつけ合い呪いを消滅させようと考え策を巡らせる。

 

 

監督は、「不能犯」「テケテケ」などの監督を務めた白石晃士監督がメガホンを握ります。

 

www.itosen06.com

 

主題歌

聖飢魔Ⅱの「呪いのシャ・ナ・ナ」

ホラーのエンディングとは思えないようなロックになっています。

本能寺の変などのダンスで有名なエグスプロージョンがミュージックビデオで踊っているのでそこにも注目です。見応えのあるミュージックビデオになっています。

 

 

総括

リング」の貞子と「呪怨」の伽椰子という、今ではJホラーの2大巨塔と言ってもいい位の2人がついに作品の枠を超えて共演対決をします。

海外映画で言うと「フレディvsジェイソン」「エイリアンvsプレデター」みたいな感じですね。

本来なら出会うはずの無いキャラ同士が邂逅してぶつかり合った時にどのような化学反応を起こすかすごく気になる事を映像化してくれたのがこの作品です。

 

なんとなくB級チックに見えるかもしれませんが、出演陣が山本美月玉城ティナ安藤政信といった豪華キャスト陣で繰り広げられます。

オリジナルの「リング」に比べると(「呪怨」は未視聴)作品本来の持っているホラー独特の気持ち悪さと世界観は薄いので、「リング」に対して苦手意識を持っている人でも入り込む事のできる作品だと思います。

リング」「呪怨」のガッツリとしたファンには少し物足りないかもしれません。

 

登場人物達が呪いにかかってしまってもちょっと助かって欲しいと思えないような感情輸入はしずらい作品でしたが、あくまでも貞子と伽椰子の共演を楽しむ作品です。

物語の最後はこのホラーを引っ張る2人の共演している作品だからこその演出で締めくくりを見せてくれます。まさしくこの映画のキャッチフレーズの一つでもある最恐のラスト!というのはしっかりと当てはまると思います。

 

 

2021年9月4日現在、Netflixでは配信されていますが、Amazonprimeでは配信されていません・・・・

評価はyahoo映画3.3、映画.com3.2、Filmarks3.0となっています。