Nessのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!毎週日曜日18:00に映画のレビューは更新目指します!

【映画】ガチバンアルティメイタム2 ~窪田正孝×佐野和真シリーズ 3作目~

ガチバンアルティメイタム2

ガチバン アルティメイタム2

画像引用元:Filmarks ガチバンアルティメイタム2の映画情報・感想・評価・動画配信

2011年9月10日劇場公開

 

 

キャスト・あらすじ

キャスト

黒永 勇人・・・窪田 正孝

【2011年 僕たちは世界を変える事ができない

森 紋児・・・佐野 和真

【2011年 スイッチを押すとき   2010年 ハンマーセッション TBS系列 夏ドラマ】

大和田 金次・・・竹財 輝之介

 

 

あらすじ

ゴールドスカルのヘッドであり銀次(崎本大海)の兄である金次(竹財輝之介)が出所してきた。刑務所で生活していた間にチームの誇りと絆はめちゃくちゃになっていた事に怒りを覚え金次はこの原因となった紋児(佐野和真)のブラックどくろ団をチーム全体で探し始める。

一方で銀次により負傷を追わせられた紋児は勇人(窪田正孝)に連れられて廃工場に身を潜めるが、仲間の一人がゴールドスカルに見つかり連れ去られてしまう。

 

 

ガチバンの12作目森紋児シリーズ9作目、黒永勇人シリーズ6作目にあたります。

 

 

総括

今回の相手はゴールドスカルの頭の竹財輝之介演じる大和田金次になります。

前作で銀次(崎本大海)がすごく恐れる兄貴だったのでどのような人物かと期待をしていたのですが、印象的にパッと思いついたのが「池袋ウエストゲートパーク」の窪塚洋介演じるタカシの劣化版に見えてしまいました。

能天気に見えて狂気を兼ね揃えているようなキャラにしたかった様な気がしましたが、中途半端な感じで極悪非道で強いという感じがそこまで感じられませんでした・・・

それは、前作の「ガチバン アルティメイタム」では敵側のコールドスカルの話が濃厚で銀次にも魅力がありましたが、今回は紋児とセクシー女優のグダグダ感が尺を取るような感じで笑いを取ろうとしているのか、小休止を挟もうとしているのかはわからない流れもありちょっと敵側までを深く描き切れていなかったのが原因かな~とも思ってしまいます。

金次というキャラクター自体はすごくいい味を出していて、前作が私にとってとても濃厚で面白かったのでちょっと残念でした・・・

 

 

窪田正孝演じる黒永勇人は全くぶれないキャラなので見ていて安定感があります。黒永勇人と義男の先輩・後輩コンビはガチバン内でも絶妙なバランスが取れているのですが、片方の森紋児と大河の先輩・後輩コンビは、大河が前に出すぎてちょっとウザく感じてしまいました。演出上はいい意味でKYなのかもしれませんが、観ている方としてはちゃちゃ入れるなよ・・・と感じてしいますね。

 

このガチバンに関しては、W主演ではありますが佐野和真の方が主演に近いかもしれませんが、窪田正孝の黒永勇人がやっぱりカッコ良く映っていると思います。

窪田正孝を観る為の映画ですね。彼のアクションの切れが一人だけ違います!

 

www.itosen06.com

 

www.itosen06.com

 

 

2021年9月5日現在Amazon primeでは配信されていますが、Netflixでは配信されていません・・・

評価は、yahoo映画4.0、映画.com3.6、Filmarks3.4となっています。