Nessのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!毎週日曜日18:00に映画のレビューは更新目指します!

【映画】鳩の撃退法

鳩の撃退法

 

2021年8月27日劇場公開

 

 

キャスト・あらすじ

キャスト

津田 伸一・・・藤原 竜也

【2021年 太陽は動かない  青のSP 学校内警察 嶋田隆平 フジテレビ系列 冬ドラマ

鳥飼 ななみ・・・土屋 太鳳

【2021年 ヒノマルソウル 舞台裏の英雄たち

幸地 秀吉・・・風間 俊介

【2021年 監察医 朝顔 フジテレビ系列 秋・冬ドラマ

 

あらすじ

昔は売れっ子の小説家だった津田(藤原 竜也)が小説の担当編集者の鳥飼(土屋 太鳳)に新作の小説を読ませていたが、小説の内容はリアリティのあるもので、登場人物も合わせてフィクションとは思えない内容だったが、津田はフィクションと言い張る。鳥飼は実証するために登場する場所を巡るが全て実在する場所だった、実在する事件だとしたら大きな事件となるのだが・・・この小説の結末とは一体どうなるのか?

 

監督は「ホテル ビーナス」の監督を務めたタカハタ秀太監督がメガホンを握ります。

原作は、佐藤正午先生の「鳩の撃退法」になります。この先生の実写化作品として2022年冬公開予定の【「月の満ち欠け」大泉 洋 主演】があります。

 

 

総括

出演者たち

藤原竜也主演ではあるが、「カイジ」シリーズや「Dinner」の様に藤原竜也が前面に出てくる事も無く、アクの強い存在感というのが消えています。

それこそ土屋太鳳が目立っていたのか?というとそんな事は無く、小説の読み手という設定で視聴者側に近い位置にいる人物になります。

小説の話という事で2人の立ち位置はそれほど目立つことなく、他の登場人物達に個性的に目立たせる事で場面場面で重要人物として活きていました。

脇を固める俳優陣も豊川悦司リリーフランキー西野七瀬桜井ユキミッキーカーチスなどなど豪華でありポイントになりそうな雰囲気が伝わってきます。

 

内容

小説を読んでいるかのような描写でテンポよく進んでいくのですごく観易い作品であったと思いますし、視聴者側の好奇心がすごく煽られます。どこでどのように繋がっているのかがポイントで実は繋がっていたという伏線が散りばめられていました。

冒頭の始まりは掴み所がなくよく分からない映画かな~って感じてしまうかもしれませんが、そこを耐えれば怒涛の展開が待っていていつの間にか引き込まれます。

 

www.itosen06.com

 

www.itosen06.com

 

ポイント

藤原竜也が他の作品みたくそこまで前に出ていない。

・他の登場人物達も個性的で見応えがある。

・全くつながらないような話ではあるが、散りばめられた伏線により繋がる。

 

2022年5月4日現在、Netflixでは配信されていますが、Amazon primeでは配信されていません・・・

評価は、yahoo映画3.3、映画.com3.3、Filmarks3.4となっています。