イトセンのテレビ・映画レポート

自分がテレビ・映画を見て思った事を率直に感想・考察を述べていきます。自分の見ている物に関しては、他人のレビューを読むこと無く先入観無しで書いていきます!その後しっかり他の方々の考え方読ませて頂きます!

【映画】インシテミル7日間のデスゲーム ホリプロ50周年記念だからこそ出来る豪華共演!

 


f:id:sen0622:20191203233119j:image

 インシテミル7日間のデスゲーム

公開日 2010年10月16日

出演、藤原竜也綾瀬はるか石原さとみ武田真治平山あや片平なぎさ北大路欣也、他

 

 

 カイジファイナルステージ公開までの間藤原竜也シリーズを拝見しています。

 

 

あらすじ

時給11万2千円の高額バイトを見つけた結城(藤原竜也)だったが、10人の参加者たちと一緒になる。集められた館こそが非日常的な事が行われるサバイバルゲームの始まりとなる暗鬼館。これから参加者は壮絶な7日間になるなんて誰も知らなかった…

 

 

出演陣が豪華過ぎる。

この映画は、ホリプロ50周年記念として公開されました。

なのでどの出演を取っても豪華に見えます。

特に、綾瀬はるか石原さとみが同じドラマや映画に出演する事が今まであったでしょうか?お互いライバル視して共演どころでは無いかもしれませんが、ホリプロ50周年記念だからこそ生まれた共演なのでしょう!

この中で藤原竜也が主演を務め、北大路欣也片平なぎさまでも脇に回してしまうとは、普段は見られない光景ですね。

ここでの藤原竜也は、カイジっぽさはありました。藤原竜也カイジと言う感じが染み込んでいるなと感じてしまいます。

 

 

サスペンス形式

一人の男性が遺体で発見されたことにより、参加者達の疑心暗鬼は広がっていきます。一体誰の仕業なのか?参加者には、武器が渡されますが一体どんな武器を持っているのか?相手の裏の読み合いになります。

設定自体は面白いものの、少しムラがありすぎる気がしました。

例えば夜は、「部屋から出て歩くとガードに排除される」と言うルールがありますが、全然外に出やすい体制です。あえてガードのパターンを読み他の参加者を参加者が襲うように仕向けたかったのかもしれませんが、外に出たからといって緊張感も何も感じませんでした。

豪華キャスト陣だからこそ使い方がもったいないな、と感じる人も沢山いました。

物語全体全てが惜しい!と言うことに集約されてしまうのです。

 

ただホリプロ祭りですのでこれっきりの共演として見るのであれば十分過ぎる贅沢な映画であることも確かです。

 

最後に流れる主題歌

May'nの「シンジテミル」

がとてもこの映画の世界観とマッチしていてとても良かったです。

 

 

 

藤原竜也シリーズとしてレビューした映画です。

 

 

www.itosen06.com

 

 

www.itosen06.com

 

 

www.itosen06.com

 

 

www.itosen06.com